しょんべん横丁の海鮮居酒屋七海さん跡地に「喜多郎寿し十三店」が新規オープンしている。

開店閉店

関西を中心に、最近は海外へも積極的に店舗展開をされているお寿司屋さん、 喜多郎寿しさんの系列店舗、「喜多郎寿し 十三店」さんが2019年8月1日よりしょんべん横丁内、七海さんが営業されていた跡地でオープンしました。元々、海鮮居酒屋七海さんがあった場所なので、もともとの七海さんの店舗をご存知の方からすると、正直あのお店がこんなに綺麗&お洒落に変わるのか!とちょっとビックリされる位、生まれ変わったお店になっていました。店舗は決して広くないのですが、どうやら裏手から2階に上がるテーブル席もあるみたいです。味琴さんの所みたいな作りですね。

以前に喜多郎寿しさんのオープン前の状況を紹介させて頂いた記事も合わせてどうぞ↓

以前も紹介させて頂いた通り、特徴的なのは、しゃりこま(食べやすい様に酢飯が小さいお寿司)の握りが全品250円(2貫)、ドリンクは全品500円という均一価格で営業されている点。後は営業時間が朝の4時までというロング営業をされている点に尽きるかと思われます。

オープン前日の様子。

しょんべん横丁という立地で、深夜まで営業されるというのが実は割と珍しくて、終電終わる位にしょんべん横丁を通ると気付きますが、この通りは意外と終電に合わせてほとんどのお店が閉店されるので、人も捌けて寂しい感じになります。

見た目すごくオサレなお寿司屋さんです。

そんな中、朝方まで営業されるというお店なので、それが功を奏するのかどうか。遅い時間までお寿司を食べられるというのは、僕が考える以上に夜の商売をしている方達なんかの需要が思いのほか高いのかもしれません。駅前の磯丸水産だってきっと同様の需要なんだと思います。

寿司全品250円。なら高級なネタを食べたほうがお得!?

さて、オープン当日ですが…仕事帰りの21時過ぎ頃にお店の前を通ったんですが、めちゃくちゃお客さんで溢れてました。お店だけじゃなく、道路に臨時のテーブル置いて営業してるくらいお客さんで溢れてました。その人気っぷりにちょっとビックリしました。

花、花、花!

あとは物凄い数のお祝いの花が飾られていました。お店の裏手、しょんべん横丁の外トイレの壁沿いにズラーと並べられた大量のお祝いの花束達…いや、晴れてたから良かったですけど、これ雨降ったらどうするんだろ?と思う位に大量の花が飾られていましたよ。凄いっ。

お店の裏手も大量の花!花!花!

こんなに人気なら、やっぱりどんなお店だか気になっちゃいます。当面人気かもしれませんが、近所の利点を生かして空いているタイミングを見計らってスッっと突撃してやろうと企んでます。興味を持たれた方も是非突撃しちゃってください!

店舗名喜多郎寿し十三店
住所〒532-0024 大阪府大阪市淀川区十三本町1丁目2−11
営業時間18:00~翌4:00(L.O 3:30)
定休日不定休
TEL06-6390-0300

ほなまた!

このサイトの管理人さん
ひかるち

淀川区十三駅周辺の"超"地域密着型情報を発信中!十三という街の楽しさや日々の変化を伝えていく事が巡り巡って、地域活性化や皆様の日々の生活のお役立ちネタなんかになれれば素敵です。わーい!みんな十三においでよ!ご依頼や要望はお問合せからお願いします!Twitterでは最新記事の新着通知は勿論、その他十三以外の事も色々呟いていたりするので是非フォローをお願いします!

十三エクスプレスの管理人ひかるちのTwitterフォロー強化キャンペーン中!
スポンサーリンク
開店閉店
この記事をシェアする
十三エクスプレス

コメント