十三にある「麺や よかにせ」でつけ麺を食べてきた。

グルメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

つけ麺で有名なお店、よかにせ。店名の「よかにせ」というのは、鹿児島弁で男前という意味だそうで、なかなか勇ましい感じです。以前一度行ったことはあったんだけど、つけ麺推しだという情報もあまりないままに訪問して、初回からラーメンを食べるという失態?をおかしたので、今回はつけめんを食べる目的で突撃してきましたよ。

おそらく濃厚魚介つけ麺が定番だろう…という事で、それを選ぼうとするも券売機で少し焦る。濃厚魚介つけ麺でも麺の太さが中太と極太の2種類が用意されている。主流はどっちなんやぁ…と迷った挙句、中太麺で食券を購入。

店内は平日の夜という事もあって、4~5名のお客さんんがいた程度で、10分ほどまって間もなく、濃厚魚介つけ麺(中太)が到着。

見た目のボリューム感がなかなか。

写真で見ると麺の量が凄い事になってそうに見えるけれど、つけ麺の丼はざるそば用のザルみたいなもので底が上げ底になっているので、ドンブリにびっしりと麺が詰まっている訳じゃないです。

麺はコシがあって、頼もしい。濃厚な魚介のつけ汁にくぐらせて食べる幸せ。個人的につけ麺よりはラーメンのほうが好きなんだけれど、クオリティの高いつけ麺に出会うと、ああ、つけ麺も悪くないなぁと再認識されられる。つけ汁は、単なる魚介のしっかり味だけを押し出しているんじゃなくて、なんだろう…スープの中に不思議な甘さを感じる。甘さ?甘酸っぱさという表現のほうがあっているのかもしれない。この甘酸っぱい感じが、濃厚なスープのアクセントとして深みを与えている感じがして美味しい。麺をすすりながら、この魚介スープの後から追ってくる甘酸っぱさはどうやって作り出しているんだろう?と考えてたんだけれども結論は出ず。玉ねぎな気もするけど、そうじゃない気もするし…ラーメンスープは奥が深いです。

残ったつけ汁を使って食べる追い飯サービスや割スープなんかも無料提供してもらえるので、そこはお好みに合わせて利用して良いんじゃないかと思います。

十三は何気にラーメン屋の超激戦区。一通り回ったけれど、昔すぎて味が既にうる覚えな部分もあったりするので、もう一度ひと通り巡回してラーメン調査記事でまとめたいなぁと思ってます。ラーメン好きは十三においでよ!

店舗名麺や よかにせ
住所大阪府大阪市淀川区十三本町2-8-4
営業時間17:00~24:00
定休日不定休
TEL06-6305-4123

ほなまた。

コメント