十三東本町商店街(つばめ通り)にオープンした「香港料理 紫林」に突撃してきた。

グルメ

2019年5月にオープンした、香港料理のお店「紫林」さんにランチ突撃してきたので、その内容をレポートしたいと思います。

「香港料理 紫林」のオープンを取り扱った記事はこちら↓

香港料理とは何ぞやというのは前回記事にて掘り下げたので、今回は単純に香港料理を美味しくいただきにお伺いしてきました。

店内の感じは、以前のお店と基本的に同じな感じがします…。

先客は親子連れの1組のみ。店内はランチタイムだからなのか、ご主人一人で切り盛りされており、お水の提供~料理まで割と忙しく動き回っておられる感じでした。

店内の入り口近くをパシャリ。
紹興酒とおもしきお酒も置いています。

この日のランチも4種類(前回記事参照)から選択できましたが、

・広東風エビワンタン麺
・紫林風すぶた定食

を注文。麺料理にはご飯が付いてきて、尚且つご飯を同一料金?でチャーハンに変える事もできる記載があったのですが、特に注文時に聞かれることもなく…。多分聞いてくれたらせっかくなのでチャーハンにするよね…と思ったりしたので、なんだか少し損した気分に…。

前菜のサラダ。

前菜が先に提供され、そこから10分程で各種料理が順に提供されました。

広東風エビワンタン麺

エビワンタン麺とご飯

深みのある醤油スープがベースになっていました。この深みは、おそらくは中華系の香辛料を使っていると思われる風味なのはわかるのですが、それが何なのかまでは僕のバカ舌では特定ができませんでした。ただ、あまり一般的なラーメンでは使われないであろう風味なので、目新しくもありました。麺は超極細。なかなか見ない位に極細の麺で、スープがよくなじむ感じでした。細い麺といえば、台湾の麺線なんかが有名かと思いますが、あれよりも更に細いんじゃないかと思いました。ここまでの細麺はなかなかお目にかかれないので、口当たりが新鮮です。エビワンタンもエビの風味がしっかり残る餡をワンタンで包み、高いレベルで美味しくまとまっていたかと思います。この麺の細さが広東風なのでしょうか?

紫林風すぶた定食

まずビジュアルにビックリ。写真でどこまで伝わるのかがわかりませんが、この酢豚、赤いです。酢豚といえば、黒っぽい系の餡で豚が絡められたものを想像しがちですが、ココのお店の酢豚は圧倒的な赤さがあります。多分この辺が、お店の名前でもある「紫林風」なのだと思います。どうやったらこの赤さを付けられるのかが不思議です。そんな赤いビジュアルの酢豚、しっかりした甘さと酢あんのハーモニーでご飯がもりもり進みます。付き添えの見た目卵スープも実はかなりコーンスープよりで、見た目との違いで食のエンターティメント性を高めてくれます。ご飯は少し柔らかめ。ごはんのお代わりは自由みたいです。

という訳で、お料理はもちろん美味しいです。それが香港料理らしさなのかどうかは僕には判断ができませんが、やや変わった料理を食べる事ができるんじゃないかと思います。あと、あえてそうしているのかどうかは謎ですが、このお店、店内に音がありません。ラジオだとか、有線だとか、テレビだとかの雑多な音が全くないのです。静かなのが好きだという方にはとても良いかもですが、店が静かすぎるのが気になる人にはややつらいかもです。(ちなみに僕は後者なので、店内には雑多な音が流れてほしいと思います。)

という訳で今回のレポートも参考にしていただきつつ、興味を持たれた方は是非、紫林へ足をはこんでみてくださいませ!

ほなまた。

このサイトの管理人さん
ひかるち

淀川区十三駅周辺の"超"地域密着型情報を発信中!十三という街の楽しさや日々の変化を伝えていく事が巡り巡って、地域活性化や皆様の日々の生活のお役立ちネタなんかになれれば素敵です。わーい!みんな十三においでよ!ご依頼や要望はお問合せからお願いします!Twitterでは最新記事の新着通知は勿論、その他十三以外の事も色々呟いていたりするので是非フォローをお願いします!

十三エクスプレスの管理人ひかるちのTwitterフォロー強化キャンペーン中!
スポンサーリンク
グルメ
この記事をシェアする
十三エクスプレス

コメント