十三本町にある自家製うどんのお店、優曇庵(うどんあん)に突撃してきた。

グルメ

以前から気になっていた十三本町2丁目…ペッシェロッソさんの並びにあるうどん屋さん、「優曇庵」さんに突撃してきました。場所的にも十三から少し外れの穴場的な場所にあるので、知る人ぞ知るうどん屋さんなのかもしれません。

開店間もない時間だったのでお客さんは他におらず。店内はカウンターメインで構成されており、店内は綺麗な感じのうどん屋さんでした。お店のご主人は少し大人しい感じ?の雰囲気のある方で、お店に入ってもいらっしゃいとも言われず、あれ?少しお店来るの早すぎた?もしかしてなんか地雷的なお店にきちゃった?と少々焦ってしまいましたが、気にせずに着座です。

豊富なうどんメニューをはじめ、夜は天婦羅のコースや一品も取り扱っているので、単なるうどん利用以外の用途でも使えそうな感じです。メニューを見て一番気になった「豚みそバターうどん」なるものを注文。一緒にいったヨッメは「きつねうどん」を注文しました。

普段は初見で訪れたお店では冒険せずにそのお店のデフォルトを頼む事が多いんですが、このお店の定番がなんなのかがわからなかったのと、このうどんの「ぶたのみそバター」というパワーワードに絶対美味しいに決まってるやんと心を打たれ、これにしました。

ほどなくして、他のお客さんもパラパラと入ってきて、席が半分くらい埋まったので、頑固で大人しそうなご主人とは関係なく、人気店なのかもしれないなぁと思いました。

壁にかかていたメニュー。グランドメニューはこれになるのでしょうか。
みにくいですが、温かいメニュー。
冷たいメニュー
ドンブリメニューもありますよ
カレー系だってどんとこい
お酒も多くはないけれど完備してます
一品だっておてのもの
全てのうどんに天婦羅をはじめとする色々なトッピングも可能です!
店内はほぼカウンター。この日はご主人お一人で営業されていました。

待つこと10分位で、豚のみそバターうどんが到着。

豚のみそバターうどん

うどんの麺はそれなりにしっかりコシがある系の麺。でも讃岐うどん位にまでは固すぎず、程よいコシを残して仕上げてきている感じです。多分、冷たい系のおうどんを頼むと、これよりももう少しコシが強くなって、冷たいおうどんならではのコシの強さとのどごしが味わえるのではないかと。お出汁は昔ながらの鰹出汁をベースに、甘い系のみそをしっかりと効かせた味わいでした。お味噌の味がかなり甘い系だと思うので、もしかすると沖縄の家庭で定番の油みそ的なものを使っているのかもしれません。で、この鰹出汁の効いた甘い豚汁みたいなスープの上にバター。こんなもの、美味しくない訳がないんです。豚汁をもう少し甘くした感じの味わいを醸し出したスープ。これだけでも十分に美味しんですが、これに七味をいれていますと、上品な甘さとピリリとした辛さが合わさって、またスープが一段と引き立つ訳です。お椀の中でスープが共演を始めるので、もう止まりません。美味しいです。

きつねうどん

きつねうどんはベースの出汁が同じですが、みそやバターは入っていないので、よりしっかりとした鰹出汁のやさしいスープを堪能することができます。油揚げが乗っており、これによって自然とお出汁がより少しだけ甘い方向に調整されているかもしれません。

そんな優曇庵、公式のHPもあるみたいなので、合わせて紹介しておきます。

500 Internal Server Error

特にお出汁にこだわりを感じる、穴場的うどん専門店、 優曇庵さんに興味を持たれた方は、是非一度足を運んでみてください!お店のご主人は不愛想ですが、うどんに対する熱意やこだわりは感じ取る事ができるんじゃないかと思います!

店舗名優曇庵(うどんあん)
住所大阪府大阪市淀川区十三本町2丁目3-6
営業時間11:30~14:30 18:00~21:00
定休日土日祝
TEL06-6195-1443

ほなまた。

このサイトの管理人さん
ひかるち

淀川区十三駅周辺の"超"地域密着型情報を発信中!十三という街の楽しさや日々の変化を伝えていく事が巡り巡って、地域活性化や皆様の日々の生活のお役立ちネタなんかになれれば素敵です。わーい!みんな十三においでよ!ご依頼や要望はお問合せからお願いします!Twitterでは最新記事の新着通知は勿論、その他十三以外の事も色々呟いていたりするので是非フォローをお願いします!

十三エクスプレスの管理人ひかるちのTwitterフォロー強化キャンペーン中!
スポンサーリンク
グルメ
この記事をシェアする
十三エクスプレス

コメント