「昔ながらのイカ焼き 天六屋」のイカ焼きを買って食べてみた。

グルメ

こんなに十三の駅の目の前にあって、前から気になっていたのになかなか食べる機会を逃していたいか焼きを、今更ながらにですが買って食べたのでそのレポートです。イカ焼きといえば、超有名な阪神スナックパークのイカ焼き、桃谷商店街にあるイカ焼きが思い浮かぶのですが、このイカ焼き屋さんも実は相当有名なお店みたいです。

お店の名前の通り、天神橋六丁目で昭和23年に創業し、その後茶屋町へ、そして十三へ…といういろんな土地を経由して今の場所になったみたいですね。昔からなのか、吸収されたのか、事の経緯は謎ですが、現在は炉ばた焼きのチェーンで有名な力丸グループになっています。

言われてみれば、この天六屋、お隣が力丸グループの炉ばた焼き居酒屋さんがありますね。同グループで土地活用する形で営業しているみたいです。なるほど納得!

イカ購入自販機。チケットを購入して店員さんへ渡すんだ!

とりあえず初めてのお店はオプションも増量も頼まないというのが基本スタンスなので、通常版のイカ30g版イカ焼きを購入しました。自販機で購入して、出てきた券を店員さんに渡し、ソースを指定。この日はお店おススメのしょう油を指定。注文して約2分前後で焼いて渡してもらえた感じです。凄くお手軽です。

購入袋。袋も包み紙もオリジナル仕様!
イカ焼きといえばこのナイロンにくるまれてる感じ。

イカ焼きってどこのお店も共通で、このナイロンに包まれて出てきますね。謎です。

ナイロンをのけてみました。30gでも割とイカしっかり入ってます。

1枚150円なんですコレ。どうでもいい話なんですが、これだけきちんとイカを使って作ってるとなると、そんなに原価が安くないですねコレ。タコ焼きよりもかなり薄利多売な利益の薄い商品じゃないかと感じます。そんなイカ焼きですが、イカ焼き特有のモッチモチ生地。イカの風味もたっぷりと感じられつつ。しょう油ベースの味の中にもほんのりマヨネーズの味が感じられ、全体がまろやかな感じの風味で仕上がっている気がしました。大変美味しゅうございました。

1枚のサイズもさほど大きくないので、軽食が食べたい時や、食べ歩きで十三をブラリしたいときなんかにも良いかと思います!十三名物の天六のイカ焼き(ややこしい)を是非!

興味があれば是非購入してみてくださいませ!ちなみに5月15日の今ちゃんの実はの番組内で、霜降り明星の十三ロケがあったのですが、そのVTRの中でも結構長尺でこの天六屋前でのやりとりが行われていましたよ。気になる方はこちらもチェックしてみてください。

店舗名廻転いか焼 天六屋
住所大阪府大阪市淀川区十三本町1-4-4
営業時間11:30~22:30
定休日不明
TEL06-6886-9989

ほなまた。

このサイトの管理人さん
ひかるち

淀川区十三駅周辺の"超"地域密着型情報を発信中!十三という街の楽しさや日々の変化を伝えていく事が巡り巡って、地域活性化や皆様の日々の生活のお役立ちネタなんかになれれば素敵です。わーい!みんな十三においでよ!ご依頼や要望はお問合せからお願いします!Twitterでは最新記事の新着通知は勿論、その他十三以外の事も色々呟いていたりするので是非フォローをお願いします!

十三エクスプレスの管理人ひかるちのTwitterフォロー強化キャンペーン中!
スポンサーリンク
グルメ
この記事をシェアする
十三エクスプレス

コメント