淀川通り沿いにオープンした「四季旬菜 むら田」さんに突撃してきた。

グルメ

十三駅東口側、旧淀川区役所に面した淀川通り沿い、十三の「はんこ屋さん21十三店」さんの跡地に最近オープンした「四季旬菜 むら田」さんへ突撃してきました。オープン時の様子を紹介させて頂いた記事もあるので、そちらも合わせてご覧ください↓

四季旬菜を取り扱った小料理屋ということで、きっと美味しい物を沢山置いているに違いない!と思いつつテンション高めに突撃です。

入口もお花が沢山。

この日は雨だったので、さすがに空いているんじゃね?と思いながら入店すると既に先客が3組程。立地的には決してよくない&平日なのにも関わらず、この客入り…やっぱり注目度は高いお店だったのだなぁと改めて感じさせられました。(ちなみに途中、満席になってお断りせざるをえず、お帰りになったお客さんも…。)

人が映らない角度で撮ってるだけで先客は3組いらっしゃいました。

この日のお店は、厨房お1人とホールお1人の計2名で営業されていました。僕たちは2名での訪問だったのですが、空いていたのが4人掛けテーブルのみだったので、そちらに通してもらいました。広い席はありがたやありがたや…。

高級焼酎も飾ってありました。

飲み物を注文し、綺麗な店内をパシャパシャと撮影させてもらいました。まだオープン間もない(当時は7月初旬)という事もあり、店内はお祝いの胡蝶蘭だらけなのですが、なかなかに見たことない量のお祝いの花なので、このお店を経営された方の人望の厚さみたいなものが垣間見えます。

キッチンカウンター周辺もお祝いのお花だらけでした。

まもなく飲み物とお通しが到着。さすがに小料理屋というだけあって、お通しも凝りに凝ってます。お通しの出るお店ってこのご時世色々な意見、賛否があるとは思いますが、個人的には本来のお通しの意義というか、お客さんが出されて嬉しくなる様なこだわりが感じられるものであれば、それは問題ないのかと思います。もやしナムル小鉢で300円とか言われたら悲しくなるのでそういうのは嫌なのです。そんなお通しですが、むら田さんのお通しはかなり凝っていて、出されてもテンションが上がる良質なものでしたので、こういうのはこれから頼む他の料理の期待値も上がる訳なので、相乗効果も含めてとても良いと感じました。

お通しです。色々細かく盛りだくさんでこだわりがヤバイです。

味付けもとても美味しいです。細かく解説はしないですが、1つ1つの味付けが繊細で丁寧なお仕事をされているなぁというのを食べる事で実感できます。お通しの中に枝豆のにんにく醤油漬けみたいなのが入っていた(メニューにもありました)のですがこれが特に抜群に美味しかったです。

ビア!美味しいビア!

料理にこだわっているお店はビールも美味しい。コレ多分過去にも何かの記事で書いたことがあるんじゃないかとは思うのですが、料理にこだわっているお店はビールサーバーの衛生管理や注ぎ方まで徹底されており、やっぱりそうでないお店と比べると生ビールの味が段違いで変わるのを感じます。で、むら田さんのビールは多分サーバー自体が新しい事もあるんでしょうけれど抜群に美味しいです。

ドリンクメニュー
この日のメニュー。日ごとに変わるみたいですね。
ここからは注文したお料理をしたいと思います。

分葱ぬた和え

分葱のぬた和え

分葱とタコを酢味噌で和えたやつです。ザ・和食という感じで美味しいです。十三の和食の名店「いやさか」さんとかもそうなのですが、美味しい和食を提供してくれるお店って、定番の料理であってもワンランク上の美味しさがある様な気がします。自分で作るより断トツで美味しい…みたいな(当たり前)。わざわざ外食する理由がそこにある、みたいな品質を感じられます。

イワシの酢〆

イワシの酢〆

浅く〆られたイワシの味が、普通にお刺身で食べるのとはまた違った風味と食感を楽しませてくれます。僕は基本的にお刺身が大好きなのですが、こういった一工夫された美味しい魚を食べると、結局お魚は調理の手を入れたほうが確実にバリエーションの広がりと共に美味しくなるのではと思い知らされます。そしてこの酢〆も、見た目のビジュアルがとてもオサレでした。

活タコのガーリックバター焼き

活タコのガーリックバター焼き

柔らかいタコとニンニクを炒めた香味溢れる素晴らしい一品。自分で作るとどうしても硬くなりがちなタコも、活タコだからなのか、工夫によるものなのかわかりませんがとても柔らかく、ガーリックバターが良い仕事をしてめくるめくハーモニーを奏でておりました。緑のアスパラや、赤のトマト等、写真を見てもわかる通り、料理としてのビジュアルも洗練されてました。

レンコン明太子チーズ揚げ

レンコン明太子チーズ揚げ

レンコンと明太子とチーズのはさみ上げ。大葉も巻いてアツアツを!こんなもん美味しいに決まってるのです。この組み合わせは鉄板なのか、結構他のお客さんもコレ頼んでいたので、オープン間もない感じではありますが、人気のメニューなのかもしれません。

鶏スペアリブ唐揚げ

鶏スペアリブ唐揚げ

甘辛い感じに仕上げた手羽中?手羽元?ですね。ビールにぴったりな感じでした。酔っ払いになってきてたのであまり深くは語れません。。。あと多分、この写真は酔っぱらって写真撮る前に1つ食べた後だった気がしますのでご留意をば!

レモンチューハイ

レモンチューハイが、カチカチ凍りレモンでの提供をしてもらえるので、一杯目を飲んだ後に、チューハイだけ追加してもらう形での追いチューを頼む事ができます。普通に頼むより少しお得なお代わりができて、かつ面白い要素でした。ノリ的にはホッピーの中身頼む、みたいな感じでしょうか。こういうの好きです。

ハイボールも飲みました。

お店の方の接客も丁寧で凄く良い感じでしたし、店内は出来立てで綺麗、お料理もこだわりを感じます。小料理屋さんというと少しお値段も高いイメージになりがちですが、そこも小料理屋という値段設定としては結構リーズナブルに押さえられているんじゃないかと思います。

デートなんかのお食事にも使えるお店かと思いますし、少しだけ繁華街を外れた場所にあるという穴場感もあるので、気になった方は是非一度突撃してみては如何でしょうか。

店舗名四季旬菜むら田
住所〒532-0023 大阪府大阪市淀川区十三東1丁目17−17
営業時間17:00~23:30(ラストオーダー23:00)
定休日不定
TEL06-6770-9777

ほなまた。

このサイトの管理人さん
ひかるち

淀川区十三駅周辺の"超"地域密着型情報を発信中!十三という街の楽しさや日々の変化を伝えていく事が巡り巡って、地域活性化や皆様の日々の生活のお役立ちネタなんかになれれば素敵です。わーい!みんな十三においでよ!ご依頼や要望はお問合せからお願いします!Twitterでは最新記事の新着通知は勿論、その他十三以外の事も色々呟いていたりするので是非フォローをお願いします!

十三エクスプレスの管理人ひかるちのTwitterフォロー強化キャンペーン中!
スポンサーリンク
グルメ
この記事をシェアする
十三エクスプレス

コメント