「ステーキ五郎咖喱 十三店」の「ゴーゴーカレー監修 金沢カレー」を食べてみた。

グルメ

十三東二仲町商店会にある居酒屋「九州熱中屋 十三LIVE」さんがお昼の営業時間を利用してオープンしている本格金沢カレーのお店「ステーキ五郎咖喱 十三店」さん。金沢の超有名カレーチェーングループ「ゴーゴーカレー」グループが監修されたコラボレーション商品「ステーキカレー」が楽しめるとあって、連日人気となっているこのカレーをテイクアウトで利用する機会があったので、今回はそんなカレーの実食レポートになります!オープンした際に紹介させて頂いた記事はこちら↓

ちなみにこのカレー、色々な紹介媒体を確認しましたが、商品名が「ステーキカレー」なのか、「ゴーゴーカレー監修 金沢カレー」なのか、「ステーキ五郎咖喱」なのかがわかりません。なんにせよ独自のスパイスを効かせたステーキがトッピングされたカレーである事は間違いありません。

尚、このステーキカレー(と呼びます)は、注文時にステーキの量やライスの量は勿論、ニンニクの量やトロトロ脂すじの有無、辛味スパイスの量等が選択できる…というのをうたっていますが、この日は「ニンニクあり、とろとろ脂すじ有、香味スパイスあり」での固定提供となっていた様です。(もしかするとテイクアウトだったからなのかもしれません。)この辺り、店舗や営業日によっても異なる可能性があるので、トッピングにこだわりのある方は注文前に確認する事をおススメ致します。今回はデフォルトのサイズであるシングル(980円)を注文。

テイクアウトのセットはこんな感じです。

肝心のカレーは結構大きいカレー器で用意されます。カレーの具に牛すじっぽい肉質が確認できるので、トッピングの「とろとろ脂すじ」というのはどうやらカレーに入っている具の事だと思われます。(ステーキ肉の部位かと勘違いしていました。)ご飯の上にクッキングペーパーが乗せられ、肉の脂がご飯につかない様に、そのペーパーの上にお肉が乗せられており、お肉に対してもこだわりを感じます。

肝心のカレーですが、ニンニクは想像していたよりもガッツリ効いている感じではないです。濃厚スパイシーな感じではありますが、出汁感を感じられるというか。単純にスパイスの強さだけでなく、出汁の奥深さみたいなものが感じられる深みのある仕上がりになっているのではないかと思います!ポイントの1つとなっているステーキ肉のミスジはお肉感が感じられるしっかりサイズで歯ごたえもしっかり。肉喰ってる!というのを堪能できるお肉になっています。カレーと一緒に食べるのは勿論、洋風のわさび風味ソースが付いているので、これをかけて食べるとさっぱりした風味も合わさってより一層お肉を楽しむ事が出来る様になっていますよ!今回は選択の余地なしでしたが、「とろとろ脂すじ」はアリで問題ないかと思います。脂の味がカレーとマッチしていて、カレーを更に美味しく引き立てる役割をしていました。添え付けのキャベツのピクルスもアクセントとして良い仕事をされているなぁと思います。

十三駅周辺で食べられるカレーに選択肢が増えて、カレー好きな人には嬉しい悲鳴になりそうですね。興味を持って頂けた方は勿論、カレー好きな方でまだ食べてないや!という方は是非この機会に「ステーキ五郎咖喱 十三店」さんのステーキカレーを利用されてみてはいかがでしょうか!

店舗名
ステーキ五郎咖喱 十三店
住所

大阪市淀川区十三東2-6-17【MAP】
営業時間

11:30~20:00 ※緊急事態宣言中の営業時間
定休日
無し
TEL

06-6885-3360

ほなまた!

このサイトの管理人さん
ひかるち

淀川区十三駅周辺の"超"地域密着型情報を発信中!十三という街の楽しさや日々の変化を伝えていく事が巡り巡って、地域活性化や皆様の日々の生活のお役立ちネタなんかになれれば素敵です。わーい!みんな十三においでよ!ご依頼や要望はお問合せからお願いします!Twitterでは最新記事の新着通知は勿論、その他十三以外の事も色々呟いていたりするので是非フォローをお願いします!

十三エクスプレスの管理人ひかるちのTwitterフォロー強化キャンペーン中!
スポンサーリンク
グルメ
この記事をシェアする
十三エクスプレス

コメント