大阪地検の護送中に逃走した大植良太郎被告が十三大橋で確保されたみたい。

その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年11月11日、大阪地検の護送中に被告の男が逃走した事件で逃走していた男の身柄が大阪市にある十三大橋の端の上で確保されたそうです。


この事件は、覚せい剤取締法違反などの罪で公判中だった大植良太郎被告(42)が、2019年11月9日午前4時頃に車で護送されていたところ、東大阪市内で「手錠がきつい」と言いだして、同乗していた検察事務官が左手の手錠を外すと急に暴れ出し、右手に手錠をはめたまま逃走しているという事件だったのですが、無事に犯人確保に至ったようです。

犯人確保となりましたが、あまり事件を知らない人の為に、事件の流れを簡単にまとめたいと思います。
スポンサーリンク

護送中の車から被告逃走 手錠つけたまま逃走中 東大阪

9日午前4時ごろ東大阪市新町の交差点で、大阪地方検察庁の事務官3人が車で護送していた大植良太郎被告(42)に車のドアを開けられ逃走されました。大植被告はことし4月に覚醒剤の使用などで逮捕・起訴されたあと保釈されていましたが、その後3回にわたって裁判に出廷せず、保釈が取り消されて検察が収容する手続きを進めていたということです。大植被告は車内で手錠と腰縄をつけられていましたが「手錠がきつい」と訴えたため、事務官が左手の手錠を外したところ、突然、暴れ出したということです。事務官は3人がかりで制止しようとしましたが振り切られ、大植被告は右手首に手錠、腰に縄がついたままの状態ではだしで東の方向に走って逃げたということです。もみ合いになった際、事務官2人が軽いけがをしました。大植被告は身長が1メートル70センチくらい、やせ型で丸刈り、紺色の長袖シャツに迷彩柄のズボンをはいていて、現金などの所持品はないということで、検察と警察が行方を捜しています。

出典:NHK NEWS WEB

この影響で、「関西万博」のPRイベントも中止になった様です。他にも東大阪の各地で開催予定だった色々なイベントも中止となったそうなので、影響は大きかったのかと思われます。

指名手配として公開されていた大植良太郎被告の公開顔写真はこちら。

身長が1メートル70センチくらい、やせ型で丸刈り、紺色の長袖シャツに迷彩柄のズボンをはいているとの情報が公開されていましたが、この指名手配写真と公開情報の容姿は髪型も服装も異なる為、記憶力や人の顔を覚えるのが得意な方でないと道ですれ違ってもなかなか気づくのは難しかったんじゃないかと思われます。(実際はかなり変装もしていた様です。)

護送中の男逃走 大阪市内でいったん発見も逃げられる

9日、大阪 東大阪市で大阪地方検察庁が護送中の被告に逃走された事件で、10日、被告とみられる男が大阪市内でいったん見つかったものの、直後に車で逃げられていたことが捜査関係者への取材で分かりました。車はその後、乗り捨てられているのが見つかり、検察と警察が行方を捜査しています。9日の早朝、覚醒剤事件での保釈が取り消された大植良太郎被告(42)を大阪地方検察庁が車で護送していた最中に、東大阪市内で逃走される事件が起きました。検察は警察とともに大植被告の行方を捜査していたところ、10日、大阪市内の関係先で大植被告と見られる男がいったん見つかったものの、直後に車で逃げられていたことが捜査関係者への取材で分かりました。車は阪神高速環状線や池田線を猛スピードで走り続け、その後、行方が分からなくなりましたが、夕方になって大阪 北区の駐車場に車が乗り捨てられているのが見つかったということです。検察によりますと大植被告は護送車から逃走した際、右手首に手錠、腰に縄がついたままの状態で、現金などの所持品は持っていませんでした。検察と警察は、車の提供など何者かの手助けを受けた被告が逃走を続けている可能性があるとみて、行方を捜査しています。

出典:NHKNEWSWEB

護送中に逃走の被告 大阪市内で身柄確保

9日、大阪 東大阪市で大阪地方検察庁が車で護送していた男に逃走された事件で、11日午後、男の身柄が大阪市の淀川にかかる橋の上で確保されました。身柄が確保されたのは9日の早朝に東大阪市内で大阪地検の護送車両から逃走していた大植良太郎被告(42)です。
大阪地検は覚醒剤の使用などの罪で起訴されている大植被告の保釈が取り消されたことを受け、事務官3人が大植被告を収容するため車で護送していました。ところが「手錠がきつい」と言われた事務官が片方の手錠を外したところ、車内で暴れられたうえドアを開けて逃げられました。行方を捜していた検察と警察は10日、立ち寄り先として捜査していた大阪 住吉区で不審な車を発見しましたが、その場で逃げ去られました。その後、夕方になって男が乗っていた車は大阪 北区で乗り捨てられているのが見つかったためその周辺で捜索を続けていました。そして11日午後2時ごろ警察が大阪市の淀川にかかる十三大橋のすぐ近くで大植被告を発見し、橋の上で身柄を確保しました。捜査関係者によりますと確保される際、捜査員に「大植か」と声をかけられると「そうです。もう疲れました」と話したということです。手首の手錠は外れていたということで検察は今後、逃走の詳しい状況を調べることにしています。一方、警察は大植被告をかくまっていたとして知人で大阪 住吉区のアルバイト塗装工 荻野※コウ昇容疑者(37)を犯人蔵匿の疑いで逮捕し、いきさつについて調べています。

出典:NHKNEWSWEB

という訳で、まさかまさかの我らが十三大橋近くでの大捕り物確保劇となりました。尚、捜査関係者によりますと、防犯カメラの解析などから大植被告は逃走してから2日間、この知人が借りている住吉区内の住宅や、西区のマンションなどに潜伏していた疑いがあるということで、警察はほかにも複数の少年が関わったとみて調べているとの事。事件の全体像はこれから判明していくという感じでしょうか。


ちなみに十三大橋の上で実際に男が確保された際の様子がマスコミ数社にて撮影できている様なので、この辺、事前に報道関係には犯人逮捕が間近である点や大体の潜伏場所等の情報が漏れていたのかもしれませんね。この辺の仕組みって実際どうなってるんでしょうか…謎です。

最後に、2019年11月11日確保当日の午後、何名かのTwitter民が偶然通りがかった十三大橋の様子をツイートされている様なので、ピックアップして紹介してみたいと思います。

このニュースでまた悪い意味でピックアップされてしまった感のある十三ではありますが、たまたま十三で確保されただけの話なので、「また十三か…。」とか「十三は治安悪いからなー。」的な事を安易に発信されるのを見ると、なんだか悶々としてしまう部分があります。そういうイメージを少しでも払拭できるように、十三エクスプレスは今後も十三の素敵な情報をガシガシ発信していきたいと思っていますので、引き続きよろしくお願いいたします!

ほなまた!

コメント