十三のはずれに「101」とだけ書かれた謎のお店がある。

街レポ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホテルプラザオーサカの近くに気になるお店があった。お店の前には「101」とだけ書かれていて、スポットライトの様にドアに照明が照らされてある。ドアの取っ手のところには、「18歳未満の方はご遠慮ください。」みたいなシールだけが貼られてある。

なにこれ?怪しいお店?それとも怖い人達の事務所なの?

気になっていろんな思いが錯綜した。ずっと気にはなっていた。

その日は特に何もなく。日が変わって別のとある日、ホテルプラザオーサカ近くの淀川図書館に行く予定があったので、またこの気になるお店の前を通りがかる事があった。

その日も変わらず、この謎のお店らしき店舗はなんなんだ?と思いながらその脇を過ぎようとしていた最中、その謎のお店に1人の男性がドアを開けてフラっと中へ入っていった。

「ん!今、人が入っていった!入っていった!中どうなってんの!?」ってちょっと驚きながら様子を伺っていたら、少ししてこのお店の前に少しふくよかな女性がやってきて、お店の前らへんで何やらスマホを取り出してポチポチと操作しだした。

何が起こってるんだ…!?と思って、少し遠目にこっそりその後の展開を伺ってみてたら、さっき男性が入っていったお店の中から、さっきとは違う別の男性がヒョコっと出てきた。あれ?さっきの男性と違う人やん!と思っていたら、お店の前にいた女の人と軽く会釈?して会話したかと思ったらそのまま女性は腕を組みながら…男性とホテル街へと消えていくのでありました。

めでたしめでたし。ほなまた。





…といつもならここで終わるんだけど、結局なんだったんだコレは?と思って帰って調べましたさ。最近は本当にちゃんと調べるとなんでも出てくる。まず先にしっかり調べればよかったね。

結論から申し上げると…既におわかりの通り、風俗店

業種的にはホテヘル?というやつに属するんでしょうか。まあ大阪でも有数の歓楽街といわれる十三なんだもの、そういうお店も沢山あるのはわかります、わかりますが…こんな広い道路の一階店舗に面して、しかもこんな謎仕様な営業形態っていうのはなかなか類をみないのではと驚かされた出来事でした。なんかいっぱい店舗が詰め込まれた雑居ビルの1室とかの営業しているイメージだったんだけど、今はこんな堂々?と営業してるトコもある事にビックリでした。

で、もう1つ驚いたのが、このお店の詳細を調べるべく、ネットでポチポチ調べもってやってたら…ちゃんとこのお店も検索で引っかかって、今回記事にしたように風俗店だという事まではつきとめることができたんですが…このお店、なんとグーグルのストリートビューの店内移動に対応してて、店の中まで入れるんです(^^;)

風俗店でストリートビュー店内対応ってなかなかレアすぎる(僕が今どきの風俗事情を知らないだけという可能性もありますが…)という驚きと、商魂たくましい経営者の方の剛腕と…店内の個室で区切られたシュールな画像とかの面白さで、もうなんというか色々素晴らしすぎるし面白すぎるでしょ、と感心させられた出来事なのでした。13の付く日は十三の日サービスもあるらしいですよ!

という訳で、こんな風俗店のお店の中なんて、なかなかしっかりと覗ける機会もないかと思うので、グーグルで歩ける店内ウォーク画像をペタペタ貼って紹介していきたいと思います。

個室がパーティーションで区切られていて、カーテンで仕切られています。
簡易個室には椅子と鏡とティッシュと…ここで何がどこまで行われるのかという神秘。
待合室っぽい感じです。テレビがあって、その上に指名?のパネルが沢山貼ってます。
受付ですね。この写真、情報量凄く多くないですか。細かく色々ありすぎる。店の名前からして既に面白い。
待合室から、奥左手が受付、奥右手がドアになってます。このドアを出ると…。
この入口に繋がる訳です。謎は全て解けた!ていうかグーグル超すげえ!

日本は平和です。
ちなみに店の前の「101」は店の名前でもなんでもなく、素直にこの店舗が借りているマンションの号室が101だからっぽいですね。これが余計に謎の雰囲気を醸し出していますね。世の中にはいろんな商売があるんだなぁと感心した一コマなのでありました。

ほなまた。

コメント