十三本町にある「酒菜家ペッシェロッソ」さんのランチに突撃してきたACT2。

グルメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回、ペッシェロッソのランチに突撃した記事を書きましたが、曜日が異なる水曜日に突撃する機会があったので、そのレポートです。ペッシェロッソの水曜日は日替わりのテーマが「麺」ラーメンやパスタ等の麺料理が日替わりで登場する日なのです。この日の麺テーマは「空心菜と小松菜のチキンクリームパスタ」というクリームパスタが設定されておりました。

日替わりは入口ででっかく告知されています。

この日はヨメと二人で訪問したので、それぞれ別のメニューを注文する事に。麺メニューの「空心菜と小松菜のチキンクリームパスタ」と、定番ランチとして設定されているメニューの「ビフカツ」。

この日はランチタイム開始の11:30頃になだれ込んだのですが、その後もどんどん人が入ってこられて、12:00頃には6~7割は席が埋まっていた気がします。この店、正直めちゃくちゃ入りにくい部類+場所が辺鄙だと思うんですが、そんなことは全く感じさせないお店の人気っぷりにあらためてビックリです。

ランチタイムは全席に椅子があります。

他のお客さんの注文をこっそり地獄耳で聞いていたんですが、人気だったのは日替わり設定メニューのパスタ、次点でみんなビフカツを頼まれていた感じです。10分弱程待ち、それぞれのランチメニューが到着。

「ビフカツ」

定番ランチのビフカツ

前回も感じましたが、このお店のランチはまず見た目のビジュアル面のオサレっぷりが凄いです。インスタ女子の方がテンション上がりそうなお料理のビジュアルといいますか。オレガノ?パセリ?を振りかけて、コーヒーフレッシュ的なものでラインを引くと一気に見た目ビジュアルが5倍位オサレになってしまう気がします。それだけでなく野菜の切り方~盛り付け、お箸袋まで計算されたオサレさを感じます。凄い。

ドアップでどん!

ビフカツは、決して高級とは言わないですが、そこそこな肉質のお肉を工夫でとても柔らかく仕上げている感じ(褒めてます)の食感。かけられているデミグラス風なソースがとてもマッチしていて、とても美味しいです。小鉢で付いてきたしらすとひじきの和え物と、ひろうす?がんも?的な練り物も 抜群に美味しかったです。わかめスープとサラダは前回と同じ感じなので割愛です。興味のある方は前回記事も合わせてみていただければと。

「空心菜と小松菜のチキンクリームパスタのパスタ」

日替わり水曜日のパスタ

こっちもビフカツに負けじとビジュアルがお洒落です。お野菜の味がしっかりと感じられて、チキンもホロッホロに柔らかく仕上げてあり、そのお野菜とチキンが絶妙にパスタにマッチしている感じでした。クリームパスタと銘打ってはいるものの、クリーム風味は抑えめで、素材の味優先にまとめられています。麺の茹で具合もベストな感じのアルデンテではないかと。ちなみにパスタにはパンも付いてきます。ボリューミー!

ついてきたパンと一緒にオサレ角度で。

ランチタイムは女性にだけ、デザートが付くそうで。女性にはこんなプチデザートが付いてきます。お得です!

一口サイズのケーキが女性のみ付いてきます。

という訳で粛々と日替わりを制覇していっておりますが、一番気になっているのは日替わり設定が「アジアン」の火曜日なので、火曜日を狙ってなんとか突撃できたらいいなぁと企んでおりますよ!ペッシェロッソのランチ(夜も)は超おススメなので、近くにお立ち寄りの際には是非利用してみてはいかがでしょうか!

店名酒菜家 ペッシェ・ロッソ
住所大阪府大阪市淀川区十三本町2-3-2
営業時間ランチタイム 11:30~14:00  ※土曜ランチは予約のみ
ディナータイム 17:00~22:30
定休日日曜日、祝日
TEL06-7501-3301

ほなまた。

コメント