十三の「中華そば桐麺」で中華そばを食べてきた。

グルメ

十三の西口交差点近くにある、小さなラーメン屋。このお店のある通りは居酒屋なんかもポツポツとあるんだけれど、この通り自体に名前が付いている様子がないです。以前調査隊記事で十三は商店街が多いことを取り上げた際に、この通りには名前あるだろうと思って調べてみたけれど、見つけることができませんでした。余談ですけど、今ちゃんの実は…で何度か取り上げられてるドクさんが経営する海鮮居酒屋”七海”の移転先もこの通りです。

このラーメン屋は中華そばを基本(おすすめ)として、塩そばやつけめんなんかも揃ってて、時期によっては限定のラーメンも展開してたりするので1度行っただけでそのお店を分かったフリをするのはなかなかに難しかったりします。

メニューは意外と多いんです。唐揚げも美味しいんです。

今回は基本となる(筈)の醤油そばを注文。”中華そば桐麺”という屋号で、一番最初に中華そばにあたるであろうラーメンをレビューしない訳にはいきません。以前来た時も醤油そばを食べた気がするんですが、その時も相当美味しかった記憶があるので、もう一度同じ物を食べたいという気持ちもありました。

普段から割と混んでいるイメージなんですけども、たまたま伺ったタイミングは丁度お客さんの
切れ目みたいな感じだったらしく、スムーズに入店。食券を購入して誘導されるままに着席し、ラーメンを待ちます。空いていた店内がこの後まもなく満席になったので、本当にタイミングが良かったのではないかと思います。

醤油そば。ザ・中華そばのビジュアルが素敵です。

5分程してラーメンが到着。ビジュアルからして美味しそうです。海苔、ナルト、チャーシュー、メンマ、ネギ…なんというか、一般的に誰もがイメージする“ザ・中華そば”を基本に忠実に、丁寧に再現している感じがあります。又、具材のネギに関しては、青ネギと白ネギをわざわざ分けてトッピングしている辺りに強烈なこだわりも感じます。

麺はややコシが強めの弾力がある感じで、とてもつるつる。口触りが良いというかなんというか。
スープは魚介がベース?になっていて、それに鶏が合わさっている感じの風味豊かでとても深い味わいのあるスープになっています。あっさりとは言えど、油分は良い意味で少し多いんですが、この油分の膜?が麺のつるつる感を更に際立たせる効果を生んでいるような気がします。多分これは意図的にそうされているのだと思うんですが、このスープ、油分の膜によってスープ自体の温度が保たれてラーメン自体の温度が下がりにくい感じになっており、最後までアツアツをキープしたまま堪能できるようになっています。舌を半分ヤケドしそうになりながら最後まで食べられるラーメンというのはあまり他の店では見られない事で、素晴らしい要素かと思います。醤油ベースのラーメンは数あれど、ここの中華そばのスープ、相当好きな類です。

接客もとても丁寧で、美味しいラーメンを気持ちよく食べて恍惚の気分で気持ちよく帰れます。美味しい物を食べた後って気分が凄く晴やかになるので、本当に素晴らしいなぁと思います!

十三でラーメンを食べるときの参考にしていただければと思います!

店舗名中華そば桐麺
住所大阪府大阪市淀川区十三本町2-1-6
営業時間11:30~14:30
18:00~23:00
定休日火曜日
TEL06-6309-8865

ほなまた。

このサイトの管理人さん
ひかるち

淀川区十三駅周辺の"超"地域密着型情報を発信中!十三という街の楽しさや日々の変化を伝えていく事が巡り巡って、地域活性化や皆様の日々の生活のお役立ちネタなんかになれれば素敵です。わーい!みんな十三においでよ!ご依頼や要望はお問合せからお願いします!Twitterでは最新記事の新着通知は勿論、その他十三以外の事も色々呟いていたりするので是非フォローをお願いします!

十三エクスプレスの管理人ひかるちのTwitterフォロー強化キャンペーン中!
スポンサーリンク
グルメ
この記事をシェアする
十三エクスプレス

コメント