阪急淡路駅近くにオープンした「あげの味賞」の名物とりたらしを買ってみた。

グルメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はい。十三エクスプレスと言いながら今回の記事は十三とは関係ないんです。淀川区でもない、東淀川区。最寄り駅は阪急淡路駅なので、かろうじて十三からはほど近いという事で紹介させてほしいんです。理由は簡単、十三じゃないけれど紹介させてほしいと思う位に美味しいお店だったからなのです。

あげの味賞

サンプル商品も置いてあります。

2019年9月25日にオープンした、まだオープン間もないお店。Twitterでたまたま見かけて、ああなんか美味しそうなので、近くに寄った際に買って帰ろうとそんな事を記憶の片隅においていたんですが、早々に近所に立ち寄る事があったので、ここぞとばかりに寄り道して購入しました。基本はテイクアウトの唐揚げなんかを売るお店なのですが、店先でのイートインも可能な様です。

店先のイートイン席も設置です。消費税?知りません。

名物は「とりたらし」という鶏肉のミンチにスパイシーなタレをたっぷりかけた肉塊。ええ…たかが鶏ミンチでしょ!?と思ったそこの貴方!先入観はよくありません。

とりたらし!5個。

この肉塊、めちゃくちゃ食感がフワフワな癖に、甘辛スパイシーなタレが強力なアクセントとして右ストレートでブン殴ってくるスタイルです。スパイシーのベースはおそらく黒コショウかなと思うんですが、このパンチ力はが凄い。そしてデカい。1個がデカい。このご時世、なんでもかんでも小さくなってお求めやすくなりましたみたいな企業が多いですが、このお店のとりたらし、店頭にある商品サンプルよりも一回り大きいです。嬉しい誤算!みたいなデカさにテンションもうなぎのぼりです。

自家製ポン酢のサービスもありますよ!

このスパイシー加減が、ご飯やビールにもめちゃくちゃあうし、本当に美味しいです。まあいっぺん騙されたと思って食べてみ?と食べさせたくなります。

家に帰ってトッピングするとこんなにお洒落に!

とりたら坊やのデザイン性の高さも狙ってる感ありますし、センスいいなぁと思います。個人的には冗談抜きに、淡路名物になりかねないのではと思う位、良い商品じゃないかと。価格もリーズナブルですし、お土産にも喜ばれる一品かと思います。十三にもこれ位インパクトのある食べ物展開したいなぁと…うらやましくもなりました!十三にあったら週1位で買っちゃうかも…うん、ちょっと言い過ぎた。

唐揚げも美味しかったけれど、正直かすみます。
色々なメニューがありますが、とりあえずとりたらしだ!

という訳で、十三からもご近所な淡路駅から歩いて3分程なので、お近くにお立ち寄りの際には是非購入して食べてみてくださいませ!

店舗名あげの味賞
住所大阪市東淀川区淡路4-33-3
営業時間10:00~20:00
定休日不定休
TEL06-6160-1007

ほなまた!

コメント