新規オープンした十三しょんべん横丁「名代宇奈とと十三店」で「うな丼ダブル」を実食!

グルメ

2022年1月5日(水)、十三しょんべん横丁内にうなぎ専門店「名代宇奈とと十三店」さんがオープンしました。「宇奈とと」さんといえば鰻の常識を打ち破る「安い・早い・旨い」をモットーに、本格備長炭火焼きによるうな丼やうな重といった鰻料理がリーズナブルに楽しめる鰻専門のお店です。そんな「宇奈とと十三店」さんで2022年1月8日(土)に行われた、お得なオープニングキャンペーンを利用してきたので今回はそのレポート記事になりますよ!

オープンに関する紹介をさせて頂いた記事はこちらです↓

今回の狙い「うな丼ダブル」を注文するともれなくもう1杯無料になるというお得なキャンペーン。当日は土曜日、11時オープンという事で、お昼ご飯をお得に利用しようとする人達の行列で溢れかえるかな?と思いながら、しょんべん横丁に辿り着いたのはオープン10分前。列はしょんべん横丁の店舗前から、道路をはさんで阪急十三駅のガード下に降りる道辺りまで伸びていました。整理券を貰うと24番。

先着100名様が対象なので、思ってたよりも余裕でした。尚、並んでいるお客さんの9割はお持ち帰り希望でした(我が家もそうです)。

店内ではせっせとうな丼を量産されていました。

なんだかんだで20分程待ち、キャンペーン商品である「うな丼ダブル」をテイクアウトで2個GETしたので、早々に持って帰ります。あたたかいうちにと、家でいざ実食する事に。そんな「うな丼ダブル」がこちらです!

なにがダブルなのか?そのままなのですが、鰻の切れが2切れ入ってるので「ダブル」なんです。ちなみに「うな丼ダブル」は1000円、標準の「うな丼」だと550円になります(2022年1月現在の価格)。写真だとイマイチ伝わらないですが、思っていたよりも鰻の切り身は立派です(失礼)。ご飯はキャンペーンで行列が出来ている都合上、どんどん器に先入れしているからなんでしょう、冷めちゃってましたが、普段はきっと温かいご飯に違いありません。そこはあれです、キャンペーンなのでご愛敬なのです。肝心の鰻のほうはどんな感じなのでしょうか。

正直なところ、高級な鰻専門店の鰻と比べると言っちゃなんですが見劣りします。めちゃくちゃ美味しいかと言われるとそんなことはなく、いつか食べた本場浜松での鰻のが美味しかったです。かといって臭みや硬さが気になるのか?といわれるとそういう事もないんです。可もなく不可もなく…いきつくところは「ザ・標準」、普通に美味しい。これだけお手軽に鰻がリーズナブルに楽しめるという部分が重要なのです、はい。お昼ご飯に、ちょっと鰻でも食べたいなーと思った時に、お手軽に食べられる鰻屋さんというメリットはとても大きいのではないかと。たまに食べたくなりますもんね、鰻。いつでも気軽に食べられるお店が十三駅前に誕生したのはやはり利便性の高さではありがたいですね。

という訳で、是非気軽にリーズナブルな鰻が食べたくなった際には利用されてみてはいかがでしょうか!店内飲食も勿論可能ですし、十三しょんべん横丁という立地的に、一杯ひっかけながら楽しむ事ができる鰻を中心としたメニューなんかも準備されていますし、「京生麩のお店 MANAFU」さんとのコラボ店なので、生麩料理なんかも楽しむ事ができるようですよ!

店舗名
名代宇奈とと 十三店
住所

〒532-0024 大阪府大阪市淀川区十三本町1-2-4【MAP】
営業時間

11:00~22:00
定休日

不明
TEL

06-6195-4554
公式サイト

宇奈とと https://www.unatoto.com/
愛麩 http://www.manafu.jp/

ほなまた!

このサイトの管理人さん
ひかるち

淀川区十三駅周辺の"超"地域密着型情報を発信中!十三という街の楽しさや日々の変化を伝えていく事が巡り巡って、地域活性化や皆様の日々の生活のお役立ちネタなんかになれれば素敵です。わーい!みんな十三においでよ!ご依頼や要望はお問合せからお願いします!Twitterでは最新記事の新着通知は勿論、その他十三以外の事も色々呟いていたりするので是非フォローをお願いします!

十三エクスプレスの管理人ひかるちのTwitterフォロー強化キャンペーン中!
スポンサーリンク
グルメ
この記事をシェアする
十三エクスプレス

コメント

  1. 度々思っていたのですが、サイト主の方のマジレス批評?コメントが失礼だし不要に感じます
    個人の食べ歩きブログじゃなくて十三情報発信が趣旨なのでは…?せっかくの新店なのに実際に食べに行く気が失せます
    沢山チェーン店がある店ですし、この味が好きで通ってる方も馬鹿にされてるみたいで見てて気分良くないです

    • 実際食べた私からすると、記事の批評は失礼と言うほど的外れなものではないと感じました。
      うなぎは今では牛丼チェーンで出されるようなものから高級店の鰻重まで、ピンキリ結構幅広く普及しており、紹介されたお店がだいたいどのような層に位置するか推測できる今回のような批評コメントは、ある程度有意義かと思います。
      変に高級店のレベルを期待して食べに行って「何だこれ」となっては、お客もお店も不幸じゃないですかね?

      私は今後もうなぎの舌になった時は、すき家とかではなくこのお店を利用しようと思っています。

    • 匿名様
      コメントありがとうございます!いつも十三エクスプレスを閲覧頂きありがとうございます!
      頂いたコメントは真摯に受け止めつつ、受け取り方は人ぞれぞれかと思いますので、変わらぬスタンスでレポートは続けていこうと思います(^o^)/
      フォローコメント頂いた皆様もありがとうございました、感謝でございます。引き続き十三エクスプレスを宜しくお願い致します!

  2. 私としては忖度の無いレビューを書いてもらった方がありがたいです。
    忖度だらけの情報はいらないので。
    書いてあることが正しいかどうか実際に行ってみればいいと思います。