十三「一福」で博多豚骨ラーメンを食べてきた。

グルメ

十三駅から少し歩いた所にある博多豚骨ラーメンをメインに取り扱ったラーメン店。何店舗かお店があるみたいですが、このお店はその十三店。このお店も食券自販機制度でした。メニューは豊富な感じでしたがとりあえずデフォルトを…という事で、単体で博多豚骨ラーメンを注文。博多ラーメンは基本細麺が多いので提供スピードも速いイメージが強いですが、このお店もそのイメージと相違なく、注文して5分とかからずラーメンが運ばれてきました。

基本となる豚骨ラーメンがこちら。シンプルイズベストなのです。

麺は超極細麺で、スープに絡みやすいド定番の博多ラーメン仕様。すりゴマシャリシャリするやつがカウンターに設置されているので、そこはお好みで、という感じ。

ここまで細い麺だと、正直僕のバカ舌ではこの繊細な細さによる麺の違いみたいなところはレビューとして文章に落とし込めないのですが、細麺の性質上、麺がしっかり良く絡む博多ラーメンの定番仕様に準拠した細麺…という感じでした。注目したいのはスープで、このスープ、なんだか凄く甘いんです。甘いといっても お砂糖の甘さじゃなくて、恐らくは豚骨を抽出した時に生まれる豚の甘さが根底にあるのだと思われます。もちろん+αで何かしらの味付けはあるにしても、豚骨スープの根底から広がる不思議な甘さを感じられる美味しいスープになっておりました。

もう1つの特出する点として、博多ラーメンというと本場の豚骨ラーメンな訳なので、お店によってはケモノみたいな豚骨臭さを特徴としているラーメン屋さんも多いですが、このお店のスープは全然臭くない。スープどころか、店内がそもそも臭くないので、臭い消しの為の下処理や工夫を相当されているのだと思われます。ケモノ臭の強い豚骨ラーメンも、それはそれで独特の風味や特徴を生むので嫌いじゃないですが、こっちは癖が無くて万人に受け入れられる食べやすさがあるので、 豚骨ラーメンは臭いから苦手なんです…みたいな人にも是非一度チャレンジしてもらいたいと感じました。

後、“ラーメン用醤油”なるものも調味料として設置されており、これを入れる事で醤油豚骨風にアレンジして食べる事ができます。豚骨だけだと少し物足りない…って方には、食べてる途中や替え玉なんかで味変して楽しむこともできます。

個人的には、食べてる最中に、辛みが欲しくなったのですが、辛みを補填する調味料が無かったので、ラー油だとか、辛味噌だとか、そういう辛さを足せる何かがあると更にもっと美味しく食べれる気がしました…とここまで書いて、とった写真を見直してみたら…。

ん?もしかして色々香辛料完備だったりする?

ありました。辛子高菜も紅ショウガもニンニクも辛みそも…お店の人に言えば出てくる様です。これは…勿体ない。多分、言わなくても定型でスッと出してもらったほうが、替え玉の注文も増えるんじゃないのかと思う位に勿体ない。そして気づけなかった僕が一番勿体ないし悔しい…。

ちなみにカウンターの所に張られた、こだわりの解説みたいな張り紙を端的にまとめると、当たり前の手順で当たり前の製法を丁寧にやっているだけなので”秘伝なし”というのを掲げていました。こういうスタンスも凄くカッコイイですね。何も特別なことはやってないんだけど美味しいんだぜ?みたいなの。実際にとてもシンプルで美味しいが故に説得力もあります。

そんなこんなで博多ラーメンをそんなに無数に食べた訳で偉そうな事はかけませんが、相当クオリティの高い豚骨に仕上がっているのではないかと思います。深夜2時位まで営業されているので、夜中にラーメン食べたくなった時にも対応してます。十三で博多ラーメンが食べたくなった時には是非利用してみては如何でしょうか!

ほなまた。

このサイトの管理人さん
ひかるち

淀川区十三駅周辺の"超"地域密着型情報を発信中!十三という街の楽しさや日々の変化を伝えていく事が巡り巡って、地域活性化や皆様の日々の生活のお役立ちネタなんかになれれば素敵です。わーい!みんな十三においでよ!ご依頼や要望はお問合せからお願いします!Twitterでは最新記事の新着通知は勿論、その他十三以外の事も色々呟いていたりするので是非フォローをお願いします!

十三エクスプレスの管理人ひかるちのTwitterフォロー強化キャンペーン中!
スポンサーリンク
グルメ
この記事をシェアする
十三エクスプレス

コメント