「鉄板焼 カリトロ 十三総本店」のお好み焼き&たこ焼き。

グルメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

十三本町にある鉄板焼きのお店「鉄板焼 カリトロ 十三総本店」さん。十三にはかなりの軒数のお好み焼き屋さんやたこ焼き屋さん、鉄板焼き屋さんがひしめいていたりしますが、ココのお店はそんな十三駅周辺の中でも割と有名な鉄板焼き屋さんなのではないかと思われます。


十三にあったライブハウスファンダンゴ。この近くにお店を構えていたという影響もあり、バントマンやライブ客の中でもこのお店のたこ焼きやお好み焼きが好きだという声を良く耳にしますし、深夜遅くまで営業されているのでライブの打ち上げなんかにも利用される事も多いお店の様ですので、ローカル色が強いながらも知る人ぞ知る有名な鉄板屋さんといっても過言ではないかと思います!店内で食べる事もできますが、全メニューお持ち帰りも可能なので、とある休日の午後のお昼ご飯用に、このカリトロさんのお好み焼き&たこ焼きを買って帰ることにしましたよ。

お好み焼き(チーズもち玉)

まずこのお好み焼き。写真でどこまで伝わるのかわかりませんが、しっかり大きい食べ応え感あふれるお好み焼きです。”広島風お好み焼き”との事で、関西の一般的なお好み焼きとは違い、キャベツや具材を2層の生地で挟み込んであるようなお好み焼きになってます。+100円でモダン(麺)を入れる事ができるので、麺を入れる事でより広島風のモダンお好み焼きになるのかも。味は見たまま、ソースとマヨネーズの濃厚な味付けに、お餅とたっぷりのチーズが絡んでくるので美味しくない訳がありません。濃厚でジャンク(誉め言葉)なボリュームのあるお好み焼きでした。

たこ焼き

主力商品と思われるたこ焼き。味付けをソース・ポン酢・だし醤油・無地・岩塩等から選べますが、初めてだったのでデフォルトのソースでお願いしました。このたこ焼き、こだわりが沢山詰まっているので関西でたこ焼きを食べなれている人もちょっと驚くんじゃないかと思います。大きめの天かすをたっぷり使用(海老風味と卵風味の2種類の天かすを採用)しているのですが、この天かすによって表面のもちもち感が生み出されつつ、中のトロトロを維持するという高クオリティーなたこ焼きに仕上がっているのではないかと。中はタコとコンニャクが入っており、タコだけでは表現できない食感までも演出しています。


さすが大阪、さすが十三という感じで、お好み焼きもたこ焼きも本当に美味しかったので、定期的に利用したいお店としてインプットされてしまいました!鉄板焼きメニューも気になるので、夜の一杯飲み用途で使うのにもとても便利ではないかと思いますよ!興味をもっていただけた方は是非、粉もんを食べる際の立候補の1つとして検討してみては如何でしょうか!

店舗名鉄板焼 カリトロ 十三総本店
住所大阪府大阪市淀川区十三本町1-20-5
営業時間11:00~翌2:00(L.O 1:30)
定休日不定休
TEL06-7162-8334

ほなまた!

コメント