「阪急そば」が店名変更で「若菜そば」として営業予定。

街レポ

Twitterでもリツイートしたネタなのですが、話題になってるので取り上げます!阪急そばの事業が譲渡することになり、「阪急そば」が「若菜そば」になる様です。これに伴い、我らが十三駅構内にある「阪急そば若菜 十三店」も「若菜そば 十三店」に店名が変わると思われます。ちなみに十三駅構内の「阪急そば」が関西民鉄では初の立ち食いそば屋さんだったそうで…歴史があるんだなぁと改めて感じさせられました。

譲渡先の企業は、(株)フラット・フィールド・オペレーションズという飲食・ホテル・旅館を中心とした事業を展開される割と大きな会社が経営母体。実際には(株)平野屋という子会社を立ち上げて、若菜そばはそちらで事業展開していくようです。フラット・フィールド・オペレーションズ(長い)さんの公式サイトはこちら↓

飲食事業 | 事業内容 | 株式会社フラット・フィールド・オペレーションズ
株式会社フラットフィールドオペレーション...

(株)フラット・フィールド・オペレーションズさん自体が展開されているお店で一番有名だと思われるのが、「本家さぬきや」と呼ばれる和食・うどん・そばを取り扱ったお店で、単独店舗は大阪の南部を中心として、それ以外ではスーパー銭湯等に併設設置されてる事が多いみたいなので、スーパー銭湯巡りが好きな人なんかは見かけた事があるかもしれません。

さて、この平野屋さんに譲渡され、”若菜そば”に生まれ変わる阪急そばですが、割とTwitterとかを観てると一番気にされているのは、阪急そばの名物そばとして、最近プチムーブメントを巻き起こした「ポテそば」が残るのか否か。

これはおそらく、これだけ話題性のある商品が残らない訳がないと思います。阪急電鉄さんがこのそばだけ商標登録とかして権利を主張して、今後も別のそば屋立ち上げて展開でもしない限り、若菜そばの名物そばとして引き続き販売していくのは間違いないかと。むしろ、今回の譲渡により親会社となっているフラット・フィールド・オペレーションズ(長い)さんが展開されているうどん屋さんのほうに、「元祖ポテそば」みたいに展開されてもおかしくないんじゃないかとすら思いますがどうなんでしょう。

お店の名前が変わってしまう事に悲しみの声が広がっていますが、お店自体は営業していく訳なので、新しい新風が加わってより素敵なお店になっていくことを期待しましょい。だってほら、十三駅前店は無くなっちゃったんですから…それよりはずっと良いんです!

十三店が閉店になったときの記事はこちら↓

ほなまた。

このサイトの管理人さん
ひかるち

淀川区十三駅周辺の"超"地域密着型情報を発信中!十三という街の楽しさや日々の変化を伝えていく事が巡り巡って、地域活性化や皆様の日々の生活のお役立ちネタなんかになれれば素敵です。わーい!みんな十三においでよ!ご依頼や要望はお問合せからお願いします!Twitterでは最新記事の新着通知は勿論、その他十三以外の事も色々呟いていたりするので是非フォローをお願いします!

十三エクスプレスの管理人ひかるちのTwitterフォロー強化キャンペーン中!
スポンサーリンク
街レポ
この記事をシェアする
十三エクスプレス

コメント