阪急バスの梅田~十三~加島駅前~西川の路線が廃止予定。

その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク

阪急バスの梅田~十三~加島駅前~西川の17系統&18系統路線が2020年7月19日(日)の運行を最後に廃止される予定です。これに伴い、同系統で利用されていた停留所も廃止となると共に、加島西にあった「加島出張所」も合わせて閉鎖を予定しているとの事。

阪急バス 加島線とは?
梅田から十三を経て、JR東西線の加島駅までの区間をメインとする路線。2013年頃までは10分間隔位で運行していた同路線ですが、度重なるダイヤ変更により、最近では運転手不足と乗客減少という名目で平日はおおむね30~40分間隔、土日祝もほぼ40分間隔での運行となり、始発や終発の大幅な繰り上げも実施されていたようです。

廃止停留所
梅田(JR大阪駅北側)、大淀南一丁目、大淀中一丁目、中津六丁目(北行)、十三(3、4番のりば)、十三元今里、田川通三津屋、東淀工業高校前、加島東、加島中、加島(2番のりば)、加島西(西行)、加島駅前(2番のりば)、神崎川、西川

小さくてわかりにくいですが路線図を見るに十三~加島へ抜ける17、18系統路線が廃止となる事で、十三筋を通ってJR加島方面へ向かう路線バスが完全に無くなってしまう為、不便を余儀なくされる人は多そうな感じがしますね。

尚、乗車券に関しては2020年7月20日以降に特例払い戻しで対応予定との事。

鉄道の利便性が向上するとどうしてもバスは利用頻度が減る事になるので、なかなか採算の取れないバス路線を維持するのは難しいのかもしれません。しかしこれは都会に限った事ではなく、鉄道が走っていない地方の山奥でもバスは採算がとれない事が問題となっているので、結局バスって採算だけを考えると非常に経営が難しい事業なのではないかと思います。かといって、特に高齢者や足が不自由な方等の移動手段としては無くてはならないものだという一面もあるので単純な問題ではなさそうですね。


鉄道好きな方が沢山いらっしゃる様に、バス好きマニアな方もきっと沢山おられるのだと思います。あわせてこの阪急バスの17系統、18系統路線に思い入れのある方なんかも少なからずいらっしゃるかと思いますので、これを機会に最後の乗り納めをするのも良いのではないでしょうか。

ほなまた!

コメント

  1. 大阪シティバスの競合路線(97)がガンガン走ってますから、
    困るのは大淀南一丁目、大淀中一丁目の利用者位じゃないでしょうか。

    • 匿名様、コメントありがとうございます!
      実際そうみたいですね、僕はバス路線に全く詳しくなかったので、凄く不便になるのかと勝手に思ってました!
      情報ありがとうございます!

  2. 加島線は大阪シティバス、阪急バス 両方とも乗ったことはありますが、
    加島線 新型エルガ、エアロスター、西工で運行しているが、
    他の営業所に移籍になるか西工は廃車になると思います。