十三周辺で最安値&駅近なジュースの自動販売機を発見。

街レポ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

以前十三駅周辺で一番最安値だと思われる自販機を紹介しました。木川西2丁目にある通称「おいなはれ」の自販機。最低30円~ドリンクが購入できてしまう破格の自動販売機でした。

この自販機、超絶に安いのが魅力なのではありますが、十三駅からは徒歩だと10分程かかるので、安いながらも駅からだと少し歩かなければならないというのが難点でした…。

ところがなんと!

今回「おいなはれ」の自販機を十三駅の近くにも発見してしまいました!

30円~。
この自販機の平均ドリンク価格、ペットボトルを含んでも平均65円。

この日はMetsの超刺激スイカ味が30円ですよ奥さん!
ちゃんとしたメーカーのペットボトルがこの価格ってヤバくないですか!
Mattに注目してる場合じゃないんです。時代はMetsです。

そしてこの自販機、まだ注目してほしい商品が沢山あるんです!

「ほっととろけるカフェラテ」(50円)

“賞味期限12/31です”との記載。

ちなみにこの自販機の写真を撮ったのは、ちょうど野中南公園に全日えびすの屋台村へ行った帰りなので2020年1月11日(土)。そう、すでに賞味期限が過ぎた年明けなのです。

エコ!環境にやさしいエコ商品がこんなところでも販売している衝撃!
もうひとつお隣にあるドリンク、

「BISTRO BOSS」(50円)

こちらも負けてはいません。
美味しそうなコク旨い粒たっぷりコーンスープも同日の賞味期限で12/31。


さてここで、“賞味期限”が切れてるのに大丈夫なの?と思った方!そんな貴方の為にちょっぴり賞味期限と消費期限について触れてみたいと思います。

賞味期限切れって?

日本で販売されているほぼ全ての加工食品には賞味期限又は消費期限のいずれかの期限の表示がされています。(義務化されています。)

賞味期限は「おいしく食べることができる期限」
消費期限は「期限を過ぎたら食べない方が良い年月日」
賞味期限

袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この賞味期限の「年月日」まで、「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」のこと。スナック菓子、カップめん、チーズ、缶詰、ペットボトル飲料など、消費期限に比べ、痛みにくい食品に表示されています。賞味期限はこの期限を過ぎても、すぐに食べられなくなるわけではありません。色や臭い、味などをチェックして異常がなければ、まだ食べることができます。ただし一度開封した食品等は期限に関係なく早めに食べる事を心がけたほうが良い様です。

消費期限

袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この消費期限の「年月日」まで、「安全に食べられる期限」のこと。お弁当、サンドイッチ、生もの、ケーキなど、傷みやすい・腐りやすい食品に表示されています。基本的に期限は短いため、この期限を過ぎた際には食中毒等の危険性も高まる為、食べない事が賢明です。

つまり、端的にいうと消費期限は期限が過ぎると危険な日持ちしない食品に設定される事が多いようですね。今回のドリンクは”賞味期限”なので、つまるところ十分安心な商品といえます。

お得にドリンクを購入したいなら、十三周辺なら今回紹介するこの場所と、前回紹介した木川西2丁目にある自販機が最安値ですので、是非活用してみてはいかがでしょうか!

おまけ

この格安がとまらない「おいなはれ」の自動販売機。この自動販売機の隣にはちゃんとした価格のジュースの自動販売機があるんです。

そしてなぜか隣の自販機には今回紹介した「ほっととろけるカフェラテ」と「BISTRO BOSS」の賞味期限大丈夫バージョンが販売しています。通常価格で。


やっぱり高くても賞味期限内のほうがいいよ!という需要にも答えているいろいろなお客さんの需要をフォローした夢の自動販売機スポットなのかもしれません。最高&最強ですね。

この夢の様なスポットは、十三駅東口からもほど近い、柿しぶのお店のすぐ近く。つばめ通りと呼ばれる十三東本通商店街の少し道を外れた場所にあります。駅から歩いて5分圏内かと思いますので、是非格安のジュースを求めたい時にはドシドシ利用していただければと思います!

ほなまた。

コメント