第31回なにわ淀川花火大会2019開催日当日のレポート。

街レポ

淀川区十三地区で開催される毎年恒例の最大イベントといっても過言ではない一大イベント、「第31回2019年なにわ淀川花火大会」が今年も無事?に終わりました。当日、花火大会にご参加された方は本当にお疲れ様でした。天気が良すぎて酷暑となったので、本当に大変だったかと思われます。昼くらいから少し街の様子をみる為に十三駅周辺をうろついたんですが、昼の時点で殺人的な猛暑だったので、早くから並ばれてエリア確保等に奔走した方にとっては地獄の直射日光だったのではないかと思われます。花火自体は素晴らしいものでしたので、暑さや混雑等でのご苦労もあったかとは存じますが、良い思い出として刻まれてたイベントになっていれば幸いです。


僕のほうはというと、当日の様子をこの後画像中心でのレポートを展開していくので、合わせて見ていただければと思うのですが、今年はぴあの協賛席を事前購入して有料席で花火を観るという事を実践してみました。今までは淀川河川敷の野草地区?に夕方頃から突撃して敷物を敷いて、花火が始まるまで屋台の食べ物をアテにビールを飲んで開始を待つ…という様な事をしていたんですが、あれだけ立派な花火に対して、無料で観るという事に執着する必要もないんじゃないかという点や、いつもの場所からではほとんど見えない水面付近の花火も観てみたいという想い、後はこれからもずっと長く続いていってほしいという事を望んだ場合に、なるべく花火大会に対してお金を落とすべきだという判断等から、今年は有料席を購入するという事にしてみたのですが果たして結果良かったのかどうだったのか。写真レポートの後に、まとめの所感も書いたので、かなり長い記事構成となってしまいましたが、最後まで見ていただけると嬉しいです。

花火開催当日 午前中の様子

午前中は、花火前の街の様子を少しだけ観てきたので、その様子を見ていきたいと思います。

メトログラッチェ十三店さんは大々的にトイレを開放していました。
トイレに関しては、花火大会当日で利用できそうなトイレ記事として事前にまとめていたのですが、実際にはトイレを開放していないコンビニや、ホールさんもちらほら見受けられました。来年への防備の為に書いておくと、メトログラッチェ十三店さんは花火のお客さんに対してもお手洗い全開放。イーグルR1は18時閉店。べラジオ十三店は、入口に店員さんを配置してトイレを徹底拒否。コンビニでも意外なところでいうと西口出た所のセブンイレブンが、イートインコーナーがあるのにも関わらず、トイレ貸しをやめてました。後はお店のトイレを有料で貸し出すというお店なんかもあったみたいです。
何故か店内の電気も消えていたセブンイレブン 十三駅西口店
たこ焼きイギーさんは普段土日休みなのですが、臨時営業をしていました。
6末にオープンした四季旬菜むら田さんも店頭ビール販売の準備。
鉄の意志で駐車を阻もうとするビッグエコーさん。
磯丸水産 十三西口駅前店さんではかき氷タピオカを販売。
ファミリーマート十三本町店さんは店先販売のやる気が凄い。
からあげ専門店 つばさ 十三店さんも店先で唐揚げを販売。
ORENJI 1970さんではかき氷やクレープ、フランクフルトを販売展開。
MOTOIMA BOXの店先でもかき氷の販売が実施されていました。
スーパーマーケットぴゅあ13の店先でも大規模なおつまみ&お惣菜販売を実施。
警備の人達が、これからカラーコーンを設置する所に出くわしました。
宝湯では手ぶら花火セットを販売!商売上手。
ケンタッキーも店先販売の準備中。
イーグルR1は18時閉店を告知。
十三駅の臨時改札口の1つ。ここは15:30~開放されてたっぽいです。

午前中の散歩はココまで。一端家に戻り、夕方になって花火会場へ向かう為に再出発しました。

コメント