十三大橋の隣に、地図にも表示されていない謎の橋がある。

街レポ

十三大橋と新十三大橋の間に、googleマップ等では表示されていない謎の橋があるのをご存知でしょうか。橋といってもこの橋は人や車が通行できる橋ではなく、一見何のための橋なのか知らない人も多い橋なのではないかと思います。


実際にgoogleマップを見てみると、「十三大橋」と「新十三大橋」の間には橋らしきものは描かれていないのですが、赤線で引っ張ったところにはちゃんと大きな橋が存在するんです。

しかもこの橋、十三側の袂をみると、とあるビルの先に突き刺さっているんです。とあるビルとは「NTT西日本淀川ビル」。天下のNTT関連会社がたくさん入っている企業ビルです。そのビル内に向けて、ぶっささる形になっています。

実はこの橋、NTTさんの専用の橋で、正式には「NTT十三専用橋」と呼称されるそうです。幅が約9.5m、全長は約750mと相当に巨大なで立派な橋です。中には電話等の通信回線が収納されており、これが対岸の梅田側へ繋がっているとの事。生活基盤として必需品となるインフラがこんな形で目に見えるのってなんだかアナログではありますね。

NTT十三専用橋(エヌティーティーじゅうそうせんようきょう、NTT Juso Senyou Bridge)は一級河川・淀川にかかるアーチ橋であり、大阪市北区中津7丁目と同市淀川区新北野1丁目のNTT西日本淀川ビルを結んでいる、通信線専用橋。

Wikipediaより

新大阪駅などがある大阪北部と大阪市内の間の通信増加に対応するため、1984年に築かれた橋で、川を超えて回線と通す場合の多くは、川の地下にトンネルを掘って通すのが一般的なのですが、淀川は川の幅も広く、当時の試算でも今後の通信量が膨大なものになる見通しだったことから、専用橋を架けたという経緯があるそうですよ。


是非淀川河川敷を散歩なんかで通りがかった際や、十三大橋を通る際には気にかけてみて下さい。

ほなまた!

このサイトの管理人さん
ひかるち

淀川区十三駅周辺の"超"地域密着型情報を発信中!十三という街の楽しさや日々の変化を伝えていく事が巡り巡って、地域活性化や皆様の日々の生活のお役立ちネタなんかになれれば素敵です。わーい!みんな十三においでよ!ご依頼や要望はお問合せからお願いします!Twitterでは最新記事の新着通知は勿論、その他十三以外の事も色々呟いていたりするので是非フォローをお願いします!

十三エクスプレスの管理人ひかるちのTwitterフォロー強化キャンペーン中!
スポンサーリンク
街レポ
この記事をシェアする
十三エクスプレス

コメント