十三周辺には商店街がどれくらい存在するのか調査してみた!

調査隊
スポンサーリンク
スポンサーリンク

十三で暮らし始めて、うすうす気づいてた事があります。いや…これは十三に住んでる人はもちろん、住んでない人でも何度か足を運んでいる人であれば絶対に気付いている筈…。

十三って商店街の数すごく多くない?

記事ネタを求めて十三駅を中心として近辺をブラブラすると、あらためて色々な所で商店街の名称が違う事に気づき始めた。こんなに分散しているのはきっと長年の大人の事情があるんだろうと思うのでそこには触れないようにしつつ、この疑問を解消するべく、今回は十三駅周辺を中心にどれ位の商店街(又はそれに近い集まり)が存在しているのか調査してみました。(2019年3月調べ)

細かいところでの誤りや間違いはあると思うので、都度修正していきたいと思います、ご容赦くださいませ。大体の感じで、この商店街の多さを感じとってもらえれば!

それでは順に紹介していきますよー。

スポンサーリンク

十三フレンドリー商店街

西口を出て十三筋の交差点を渡った所からある商店街。そのまま歩いていると、十三本町商店街(通称J-MALL)に接続。同じアーケードの商店街のまま、十三本町商店街に接続しているので、注視しないとわからないです、はい。(「パパス&ママス」や「肝どん」のある通り迄、十三駅側がフレンドリー商店街で、十三バイパスへ向かうほうがJ-MALL扱いになっている模様。)

十三交差点の入り口からパパス&ママスの通りまでがフレンドリー商店街

平成8年に改築したモダンなアーケードと平成9年に整備した自然石舗装の中で、ファッション雑貨や飲食店を中心に約50店ほどが営業されているそうです。

【参考ランドマーク店】

マクドナルド十三店、丸一屋十三店、ミスタードーナツ西口ショップ等

十三本町商店街(J-MALL)

十三フレンドリー商店街からそのまま十三バイパス迄の商店街

フレンドリー商店街をそのまま突き進むとそのまま接続する商店街。分岐地点は上記で記載した内容の位置から十三バイパスのある信号付近迄がこのJ-MALL扱いになっているみたいです。最近でいうと、鬼平コロッケが閉店した所の信号までがこの商店街ですね。この商店街もアーケードがあるので、雨の日も安心です。

【参考ランドマーク店】

ローソン 十三本町一丁目店、蔵酒の明治屋、 深川等

十三元今里商店街(もといまロード)

安い個人商店が立ち並ぶ賑やかで活気のある商店街

通称もといまロード商店街。安い個人商店等が立ち並び、スーパーもある事から十三でもかなり活気のある商店街。毎月13日は十三市を実施。1の付く日もどんとこい市を開催。特に個人商店系のお店は本当に激安で、その辺の大型スーパーや総合ショッピングセンターでお肉とか野菜買えなくなります。基本的に僕も普段の食材はこの付近で購入しています。位置的には、J-MALLを歩いて、十三バイパスを超えた辺りから更に塚本方面へ延びるアーケード商店街。

【参考ランドマーク店】

ぴゅあ13、アルテリア・ベーカリー十三店、黒門 牛兆十三店

十三元今里商店街
十三元今里商店街

十三駅前通商店街

十三東口改札を出て目の前

東口を出て正面、神津神社方面に伸びる商店街。正式名は「十三駅前通商店街振興組合 」

喫茶、飲食店、娯楽施設サービス業、衣料、飲食、コンビニ店、等 延べ174米にお店がが連なっています。戦前~戦後、神津神社への参道として人が集まり、自然発生的に商店街が出来たそうです。1953年、十三東二商店街共同組合の設立を経て、1963年に現在の十三駅前通商店街振興組合を設立し現在に至るそうですが、難しい事はわかりません。毎月13日には不法自転車撤去、不法ビラ、看板、幟撤去等の十三クリーンディー活動を行っているそうです。商店街の道路は広く、フレンドリー商店街等に比べるとやや飲食系のお店が多い様に思います。

【参考ランドマーク店】

どろそば 将、キッチンオリジン 十三東店、ケンタッキーフライドチキン 十三東口店

十三東駅前商店街

東口改札を出て左手に伸びてます。

東口を出て左側へ延びる阪急京都線と並行に伸びる商店街。パチンコホールや病院、飲食店が立ち並ぶエリア。小脇の路地にも飲食の小路があったりして下町の商店街空気感が素敵です。飲食中心ですが店の数は相当多いエリアなのではないかと思います。昼間から飲めるお店も割とあります。駅前商店街と、微妙にアーケードが連結していないので雨の日は少しだけ不便です。

【参考ランドマーク店】

イーグルR1十三店、 十三ら~めん担担、ばっこ志等

十三戎小路

十三駅前商店街の通りの側道で、小路看板が出ている通りが2つあり、これはそのうちの1つ。おそらく十三駅前商店街に属する小路だと思います。細い小路に、飲食や風俗系の店舗が営業されています。この小路の餃子の美味しいなまらぴりかという居酒屋はおススメです!

【参考ランドマーク店】

餃子居酒屋なまらぴりか

十三東小路

十三駅前商店街の通りの側道で、小路看板が出ている通りが2つあり、これはその2つ目の通り。おそらくこれも十三駅前商店街に属する小路だと思います。細い小路に、飲食の店舗がところせましと営業されています。 味の居酒屋ほろ酔は昔ながらの雰囲気が凄く素敵なお店。笑い処吞人はご主人が凄くコミュ力の高い方で、楽しいお店だと思います。少し前に、店主の愛情お弁当お持ち帰りサービスで、色々な媒体に取り上げられた事で有名なお店ですね。

【参考ランドマーク店】

味の居酒屋ほろ酔、笑い処 呑人

十三トミータウン商店街

十三西口改札出たところから十三交差点迄の商店街

正式名は「 十三本一商店街 」というみたいです。西口出た目の前、十三筋のスクランブル交差点迄の商店街。老舗和菓子屋の喜八洲総本舗さんはココ。シーズンによって衣装が変わる十三の名所、銅像「見返りトミー」の銅像もこちらの商店街内に設置されています。平成26年に大きな火災が発生した「しょんべん横丁」は、このトミータウン商店街に含まれる様です。しょんべん横丁は地元商店会の頑張りもあり、今では立派に復興を遂げているんじゃないかと思われます。(しょんべん横丁は別カテゴリで次に紹介しています。)

【参考ランドマーク店】

喜八洲総本舗、ダイコクドラッグ十三西口店

十三 トミータウン 公式サイト | 大阪市淀川区十三本町
大阪市淀川区にある十三の商店街「十三 トミータウン」商店会の公式サイトです。

しょんべん横丁

沢山の居酒屋がひしめく、十三らしさの残るの飲み屋街。

西口を出て右手に伸びる居酒屋等の商店がひしめく通り。所属としてはトミータウンに属するみたいです。十三の商店街名称だけでいうと、サカエマチ商店街と対をなす十三でも有数の有名な通り名なのではないかと思います。初めて聞いたときは正直下品な名称だと思いましたが、慣れというのは凄いもので気にならなくなりました。火災後の復興で、横丁自体は小綺麗になりましたが、横丁に設置されたトイレは超汚いです。今は各店舗にトイレが設置されているお店がほとんどなので、横丁の共有トイレ自体が利用される頻度自体がほとんど無くなってきているのだと思います。

新しい看板も最近設置されました。可愛いロゴ?です。
【参考ランドマーク店】

十三屋、ふかどんふぐどん 本店、くそオヤジ最後のひとふり

十三駅前西商店街(波平通り)

WEST13の看板に、鉄腕波平のシルエットの名残があります。

西口を出て、左手に伸びる居酒屋等の商店がひしめく通り。昔は波平+アトムのパクりキャラ”鉄腕波平”がイメージキャラとしてオマージュされてたみたいですが、時代の流れに淘汰され排除された模様。向かい側にあるションベン横丁は、トミータウンに付属した居酒屋通りなんですが、こっちの波平通りは商店街としては別扱い?になっている様です。

【参考ランドマーク店】

大衆酒蔵丸勝、麺匠 はなみち 十三店

木川本町商店街

木川商店街入口。入口はとても立派なのです。

十三から歩いて7~8分位の場所にあるアーケード完備の商店街。大衆劇場の木川劇場も存在。今どき大衆劇場が存在するのは凄く貴重でもっと盛り上がってほしい気持ちはあるけれど、いかんせん商店街の衰退、過疎化が目立ちます。食品館アプロと、数件のテナントがお店を経営してはいますが去年位に食品館アプロの向かいにマンションが建ち、もう商店街の様相も崩れてきつつある感じも否めず、シャッター商店街になりつつあります。アーケードがある商店街が廃れるのは凄く勿体ないですが、これも時代の流れなのでしょうか…。

【参考ランドマーク店】

食品館アプロ 木川店、木川劇場

十三 サカエマチ商店街

昼は静かですが、夜になると煌びやかな歓楽街になります。

西口を出て十三の交差点を渡った所位にある、大きな道路に面して沢山の居酒屋や映画館、ボウリング場、夜のお店、風俗店等がひしめく夜の歓楽街。十三といえばこの通りの華やかな看板群を撮っておけば間違いなしです。ねぎ焼きで有名なやまもとさんはココ。がんこ総本店もココ。昔はキャバレーとかも乱立して、相当な夜の繁華街だった模様。今も夜は煌びやかな街ですが、昼間は閉まっているお店も多いので、人もあまり多くないです。

【参考ランドマーク店】

ねぎ焼きやまもと本店、がんこ総本店、ボウリング王国スポルト十三店

十三栄小町商店会

フレンドリー商店街とサカエマチ商店街をつなぐ小さな路地です。

栄町商店街とフレンドリー商店街を繋いでる小路。細くて短い路地なのに、割と風俗店がひしめき合ってるコアな通り。呼び込みの兄ちゃんは昼も夜もいらっしゃいますよ。

【参考ランドマーク店】

有馬家

十三東本通商店街(つばめ通り)

昔は賑やかだった名残が随所にみられる商店街です。

東口を出て十三東駅前商店街方面をまっすぐ、つきあたった所付近から右側に十三小学校付近まで伸びる商店街。商店街と言われている通りは約390mと相当長いけれど、飲食店やその他お店が点在して営業しているだけで賑やかさに欠ける。もはや風前の灯火状態の商店街。少し前に閉店セール中で紹介した 村山洋服店さんもこちらの商店街。後はかき氷の美味しい野口商店さんが有名です。

【参考ランドマーク店】

野口商店、金鼎軒十三店

十三東二仲町商店会

最近は新しいお店の進出も多く、活気のある通りだと思います。

東口を出て、十三駅前通商店街を歩いていくと一番最初に交差する道。最近でいうと満だとか八剣伝がOPENした通りがここです。大きなパチンコ屋と、居酒屋が並んだ東口側では割と賑やかな通りになるんじゃないかと思います。最近だと小だるまさんと満さんが同じ串カツ系を売りにするお店で向かい同士で営業されていて、少し離れて串揚げキッチンだんさんという串揚げ屋さんが営業されているので、十三の串カツ激戦区なのではないかと勝手に思っています。

【参考ランドマーク店】

九州 熱中屋 十三 LIVE、焼肉屋 牛蔵、メトログラッチェ十三店

十三東三仲町通商店街

小道も含めると、意外にも結構な数のお店があります。

十三東二仲町商店会を抜けてさらに十三小学校方面へ進むと、東二仲町商店会が東三仲町商店街に切り替わります。ややこしいんですが、東二仲町のほうは「商店会」で、東仲町のほうは「商店街」という名称になっているみたいです。洋菓子のホルンさんだとか、夢屋(持ち帰り焼き鳥店)さんがある通りです。途中にある細い飲食店の並ぶ小路もこの商店会の一部で、洋食屋の大富士さんや天婦羅酒場ましわかさんもココに属する事になるんじゃないかと思います。

【参考ランドマーク店】

ホルン洋菓子、夢屋 十三本店、チャイニーズバル中華屋かぎもと

十三一番街商店会

サカエマチ商店街の1本外れなので、賑やかさはサカエマチ商店街にはかないません。

サカエマチ商店街から淀川通りに一本ずらしたところにある商店街。ニューサウナシャンだとか、クリエイティブキッチン道場がある通り。先日休業で紹介した 楓林閣十三店さんもこちらの通りになります。お店の数は多くなく、マンションや駐車場も多い通りなので人通りも多くないです。

【参考ランドマーク店】

高崎流クリエイティブキッチン 道場 十三店、居心伝 十三店

十三西栄町商店会

範囲がかなり広いです、スナックビルがいっぱいあります。

サカエマチ商店街の終盤当りから淀川通り方面へ延びる界隈。スナック、キャバクラ、風俗店等の店舗割合が濃くなり、完全な歓楽街地帯。キャッチとかが大嫌いなので基本的に夜はこの周辺はほとんど歩いたことがないです。サカエマチ商店街を超えた辺りからのスナックビルや周辺一帯がこの商店会に属するっぽいので、エリアにしてみるとかなり広い気がします。ライブ好きの聖地、ファンダンゴなんかもこのエリアに属するんじゃないかと思います。

【参考ランドマーク店】

Live Bar FANDANGO、激安ホテル サンパチ十三店

まとめ

商店街じゃない?通りなんかも含めて取り上げています。ざっと通りに名称が付いているものを集めてみたつもりですが、多分まだ細かいレベルの路地とか名称は漏れてるかもしれません。

調べてみると、実際考えていたよりもはるかに多くてびっくりです。これ多分、地元の人でも全部把握している人ほぼいないんじゃないかと。この辺りの商店街組合に所属する人でも、自分の所属する以外の組合や商店街を全部理解しているのか怪しいと思います。そもそもググってもほとんど情報出てこない商店街とかもあるので、この完全に上手く機能していない感は考えれば考えるほど、なんだか少し勿体ない気がしました。

十三は阪急沿線なので、鉄道が好きな人達はよく駅とその周辺で見かけますが、あらためて十三は商店街がとても多い街なので、商店街を目当てに十三の街中を好んで歩いて探索される人も、普段僕らが気にしていないだけで少人数ながらに存在しているのかと思います。十三は実は商店街マニアな人達にはたまらない聖地なのかもしれません。

いざ気になって調べてみたものの、この調査本当に大変でした…。というか調査隊の記事ネタは毎回大変なのですが、これはその中でも相当の難産だったので、ぜひ内容を参考にしてもらって、十三周辺商店街の古きよき雰囲気をかみしめながら、渡り歩いてもらえると嬉しいです!

ほなまた。

Twitterでは没ネタや小ネタも含めた十三情報+αを発信しておりますので、十三エクスプレス公式@ひかるちのTwitterのフォローをお願いします!

スポンサーリンク
調査隊
十三エクスプレス

コメント