阪急電車の快速特急Aが十三を通過してしまう問題。

街レポ

『京とれいん 雅洛』 という新しい観光特急が3/23から運行開始するみたい。 『京とれいん 雅洛』 のサイトから参照するに、

『京とれいん 雅洛』は、現行の『京とれいん』のイメージを継承しつつ、「ご乗車されたときから京都気分」をコンセプトに、“京都”を五感で感じ取っていただけるデザインに7000系車両を改造しました。

との事で、これ誇張しすぎやで…乗車したときから京都って…と思われがちなんだけど、この『京とれいん 雅洛』の内装ガチで凄い。

まず全6車両構成で、各車両ごとに季節と京都を感じさせる植物のテーマを設定、それに合わせて内装を施してるこだわりっぷり。これをまずは少しご紹介。

車両外観のテーマ
2号車と5号車にはなんと社内に坪庭を設置。(イメージは2号車)
阪急電車初?の外向き座席を設置。(イメージは3号車)
全車両に円窓を設置、一人掛けシートもバッチリ準備。

これが特急料金なしで、通常の乗車料金で乗れちゃうそうで…阪急電車凄い。いや、個人的には今の京とれいんも含めて、特急料金とっても良いんじゃないかと思うクオリティです。阪急電車どうかしてるぜ!

で、ここからが十三に関係する主題なんですが…。既にタイトルにもある通り、2019年1月19日~実施されているダイア改正より、現在も運行中の『京とれいん』(快速特急A)は、十三に停まらないんです。十三通過します。

もう一度言います。十三に停車しない電車が存在します。

自分も含めてなんですが、おそらく十三駅を利用してる人って、梅田からの帰り道とかには、多くの人が阪急京都線を利用していると思うんです、遅延とかが発生してない限り。理由は

「とりあえずどの車種でも、中津を通過して十三に停車してくれるから」

コレ。少なくとも僕はこの認識があったので、京都線をメインに利用していたんですが、
既に成立しなくなってるルールなのです。特に梅田から十三に帰る時には、この『京とれいん』(快速特急A)に乗ってしまうと、十三を通過してそのまま淡路まで行っちゃいます。要注意です。

ややこしいんですが、今回冒頭で紹介した『京とれいん 雅洛』(快速特急)は十三も停まります。
なのでこっちは梅田からの帰り道に飛び乗っても大丈夫なのです。ややこしいですね。

多分、相当この豪華列車に興味がないと、この2種類の電車の区別が付く自信が無い。快速特急は大丈夫だけど、快速特急Aは乗ってはいけない。Aにのったらえらい目にあう…Aライ目にあう…。

そんなこんなで十三駅を利用される方はご注意を!と言いたいところですが、実際にこの観光特急が走る時間帯は9:00~16:00の時間帯なので、一般サラリーマンの通勤の行き帰りでは多くの人が気にしなくていいかもです。土日のお出かけ時間帯ぐらいかも。

逆に『京とれいん 雅洛』は他車種同様、十三にも停車するので、京都に行く時の利用は勿論、梅田へ出る時でも、京都線を利用していれば、運が良ければ乗車できるかもです!

十三から梅田へ出る時は、くるり@岸田さんの出発メロディーが聞きたい場合は宝塚線、『京とれいん 雅洛』に乗れるかどうかの運試しは京都線、みたいな使い方をしてみるのも面白いかもしれません。

ほなまた。

このサイトの管理人さん
ひかるち

淀川区十三駅周辺の"超"地域密着型情報を発信中!十三という街の楽しさや日々の変化を伝えていく事が巡り巡って、地域活性化や皆様の日々の生活のお役立ちネタなんかになれれば素敵です。わーい!みんな十三においでよ!ご依頼や要望はお問合せからお願いします!Twitterでは最新記事の新着通知は勿論、その他十三以外の事も色々呟いていたりするので是非フォローをお願いします!

十三エクスプレスの管理人ひかるちのTwitterフォロー強化キャンペーン中!
スポンサーリンク
街レポ
この記事をシェアする
十三エクスプレス

コメント