十三の日に神津神社で開催されている十三蚤の市に行ってみた。

街レポ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎月13日の十三の日に神津神社で開催されている蚤の市。開催されている事は知っていましたが、実際には平日開催が多かったり、休みだった場合でもなかなか予定が合わなかったりで、足を運ぶ機会がありませんでした。今回、2020年1月13日が土曜日であると共に、足を運ぶ時間が取れたという事で念願の十三蚤の市に行ってきましたので簡単に紹介したいと思います。

Twitterでも少し触れましたが…蚤の市開場は思ってたよりもずっとずっと賑わっていました(失礼)。蚤の市の出店数も勿論ですが、実際に訪れているお客さんも凄く多くて、活気のある蚤の市開場になっていて、こんなにも人気のある催しだったとは知る由もありませんでした。やっぱりこういうのは行ってみないとわからないもんですね。

所狭しと出店された色々なお店。

産地直送の野菜や果物を販売していたり(みかん買いました。)

謎の雑貨を売るお店があったり

ドライフルーツを売るお店なんかもありました。

全体的には雑貨や小物を扱うお店が多かった様に思います。写真にはありませんが、サバ寿司を売るお店や、はちみつを売るお店、占いの露店なんてのもありましたよ。

ワイワイと賑わってる様子が少しでも伝われば幸いです。

お正月第一発目の開催という事もあり、無料で甘酒も振舞われておりましたので頂きましたが、たまに飲む甘酒ってなんでこんなに美味しいんですかね?謎です。

お店のご主人がいない間、店番をするワンちゃん。


如何だったでしょうか。多少であれこの蚤の市の開場の雰囲気が伝われば幸いです。凄く活気のある、十三の日の先陣を切る催しかとヒシヒシと感じましたので、十三の日にお時間に余裕がある時には是非突撃してみる事をおススメいたします!

ほなまた!

コメント