「1万人の健康まつり」は新型コロナの影響で健康になれそうにないので中止。

イベント

2020年4月26日(日)に淀川河川公園で開催予定だった大規模イベント「1万人の健康まつり」が中止となったようです。個人的にも割とひそかに楽しみにしてた催しだったのですが、新型コロナウイルスの影響を受け、開催自粛となりました。

さて、このたび実行委員会といたしましては、昨今の新型コロナウィルス感染症をめぐる状況をふまえ、次のような視点から、断腸の思いで「健康まつりを中止する」決断をいたしました。

第一は、「まつり」開催の趣旨と矛盾するということです。今回の「まつり」は、「健康まつり」と銘打って、命と健康をまもる運動と健康な街づくりにつなげていく取り組みのいっかんとして計画してきました。今、感染のメカニズムや治療法が未確立な新型コロナウィルス感染症が拡がり、この「まつり」が感染拡大の場となる可能性は否定できません。そうである以上、「健康まつり」としての開催は中止せざるを得ないものと考えます。

第二に、この間の新型コロナウィルス対策に関する政府の対応の遅れは明白であり、「まつり」開催予定の4月26日の時点で「新型コロナウィルス感染が収束する」という見通しがもてないということです。2月24日に発表された「新型コロナウィルス感染症対策専門家会議の見解」では、「感染の完全な防御が極めて難しいウィルスと闘っています」とし、「これから1~2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際となります」とも述べています。このような専門家の見解からしても、4月26日の時点を見通して「感染が収束する」とは判断できないと考えます。

第三に、政府・自治体の対策やマスコミの報道内容から、広い市民のなかに新型コロナウィルス感染拡大の不安が大きく強まっています。その中でも、高齢者や疾病をもつ方々の不安はさらに強いものがあります。そんな状況の下で、健康友の会会員や生協組合員、あるいは患者さんや利用者さんらに対して「1万人の健康まつり」への参加を呼びかけ、協力券の普及に取り組み成功させるということは、現実的ではないと考えます。

1万人の健康まつり公式サイトより引用

プロレス興行やミニ四駆大会、フリーマーケットや模擬店等が立ち並ぶ、かなり大がかりなイベントだったみたいなので、開催中止になってしまったのは本当に残念です。

これに懲りずにまた来年、みんなが無事に健康でいられたことをお祝いする様に、更に大きく充実した内容でイベントを復活開催していただけることをお祈りしたいと思います。

ほなまた!

このサイトの管理人さん

淀川区十三駅周辺の"超"地域密着型情報を発信中!十三という街の楽しさや日々の変化を伝えていく事が巡り巡って、地域活性化や皆様の日々の生活のお役立ちネタなんかになれれば素敵です。わーい!みんな十三においでよ!ご依頼や要望はお問合せからお願いします!Twitterでは最新記事の新着通知は勿論、その他十三以外の事も色々呟いていたりするので是非フォローをお願いします!

十三エクスプレスの管理人ひかるちのTwitterフォロー強化キャンペーン中!
スポンサーリンク
イベント
この記事をシェアする
十三エクスプレス

コメント